FC2ブログ
管理人単独行2009(12)
いすゞバス
いすゞバス

いすゞ自動車
いすゞBU

長野県松本地域にて
2009年3月撮影

寝食を忘れての強行行程になってしまった探索。
宿泊を考えましたが、高速1000円割引を翌日に控え、
ここは大人しく帰っておこうと決意をしたものの、
最後くらいは食べたいもの(ソースカツ丼)、
買いたいもの(大町の日本酒)をしっかりしようと、
長野地域から、山間の細い県道を乗り継いで、信濃大町へと抜けました。
民家も疎らで、完全に草ヒロモードOFFとなっていた目の前に
ドーンと2台まとめて現れたのは、カラーリングは若干異なるものの
同型車と思われるいすゞのバスでした。

コメント:管理人
【2009/05/11 08:00】 | バス | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<09GW長野探索(3) | ホーム | 08善光寺平探索(53)>>
コメント
>畑の犬小屋さん

村長さんのブログ、すぐに見つけてみることができました。
ニュースでの検索ではサッパリでしたが、さすがは村長というフットワークの軽さです。
切なくなる2枚でした。
【2017/05/09 17:28】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
この車でした
こんばんは。

かの村に他に廃バス2台並んでいるところが無いか探すべく、
「○○村 廃車 バス」でネット検索しました。
そうしましたら、かの村の村長さんの
ブログが出てきました。村長さんのブログ
の5月4日の記事・・・
「火災発生報告&高校同期会」のタイトル
できれいな写真付き。

その写真を見たら、この2台のバスでした・・・。(ウエーン!)
写真見たら丸焦げでした。鉄以外はほとんど燃えていました。
1994年に私が保存をたくらんだこともあるバスで
廃車後も今まで欠品もないきれいな状態だったんですけどね・・・。
【2017/05/07 18:43】 URL | 畑の犬小屋 #-[ 編集] | page top↑
>畑の犬小屋さん

新聞記事の実物を拝見しましたが、事故の事実を報じた記事には、「全焼」という部分に程度の違いを期待するくらいです。
かの村の〇道沿いに廃バス2台が並ぶ場所が、他にも有るか定かではありませんが、希望的観測をめぐらすには厳しい事実です。
ニュースにならなくとも、失火で燃えてしまったような廃車を何台か見てきましたし、レンズ類が溶けているようなものは、燃える一歩手前まで行っているということです。
【2017/05/07 16:20】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
新聞記事で・・・燃えちゃったと・・・
おはようございます。
ここにこれ書いていいのかな?まずかったら消して下さい。

今朝、昨日の5月5日付の信濃毎日新聞
(N県で一番有名な新聞)を見ていたら、
○○村で廃バス2台全焼と書いてありました。
○○村とはこの2台の草バスが居るところ。
記事によると「5月4日、持ち主さんがバスの近くで
使わなくなった塗料を燃やしていたら
燃え移ったらしい」とのこと。写真は無しでした。
新聞に書いてあった村名の村で、廃バスが
2台居るところはこれ以外に知りません。
となると全焼したのはこの2台?っぽいです。

この2台のバスは、現役時代から大好きなバスで、
今でも大好きなバスであるだけで残念です。
いつまでも残っていて欲しいバスです。私は
非常に落ち込んでいます。新聞見なきゃ良かった。
この新聞記事が誤報であることを祈ります。
【2017/05/06 09:40】 URL | 畑の犬小屋 #-[ 編集] | page top↑
>ナトリフミノリさん

先の記事で書き忘れましたが、特に、最近の記事だけとは限っていませんので、過去の記事に興味があったものにはどしどしコメントをしてください。
ナトリフミノリさんに保存計画があったところや、実際に目にすることがあるバス廃車体から、入手は可能だったという話は納得です。
しかし、コンプライアンスが重視される今において、廃棄の際のマニフェストなどでどうなってしまったのかは興味があるところです。

【2014/07/11 19:49】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
度々昔の記事にすみません。
このバスのある場所を知っていますが本当にさみしい山奥にあります。このバスは2台とも同型車で1974年の4~6月(記憶が定かでない)に製造されたいすゞBU10です。ボディは北村製作所です。2台とも晩年は某バス会社の塩尻営業所で活躍した車で、1994年の夏から秋頃廃車となりました。現役時代は2台とも同じカラーリングでした。このバスの現役時代、実際に乗ったことのある車なので見るたびに懐かしくなります。

バス会社のバスを倉庫にする入手方法ですが、バス会社に「廃車にするバスをください」と言えば快く譲ってもらえますよ。(廃車をスクラップにする場合)ただし、大都会や浜松や淡路島のバス会社は廃車を地方のバス会社に中古車として売るので倉庫目的には譲ってもらうのは難しいと思います。
実は左側の車、430という社番なんですが、この車を保存目的で譲渡してもらうことをたくらんでいたのですが、置く所が無いため断念した経緯があります。いつまでも残っていて欲しい車です。
【2014/07/07 15:00】 URL | ナトリフミノリ #-[ 編集] | page top↑
>長野在住の旧車好きさん

バス会社か解体屋にディーラーといった具合でしょうか。

数回違うルートで抜けたことが有りますが、このルートが一番孤独を感じました。
途中、有名な渓谷を通過しましたが、人の気配が全くありませんでした。

大町の日本酒は白馬錦、北安と飲んだことが有りますが、
今回は北安のいいずらを購入して帰りました。
【2009/05/24 21:07】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
バスを倉庫代わりにする人ってどういうツテで手に入れたのか気になりますよね。
ところで長野から白馬へ抜ける道の独特な雰囲気は寂しいものがありますよね。
大町の日本酒はどれもおいしいですよね。
【2009/05/11 20:47】 URL | 長野在住の旧車好き #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/871-0cbc6aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |