FC2ブログ

埼玉古墳巡りにて(7)

ライトバスとライトバンと他多数

トヨタ自動車工業
トヨタライトバス(RK170B)
日産自動車
ダットサンブルーバードUバン1600GL(V610)

埼玉県比企広域市町村圏にて
2008年12月撮影

とある解体屋前を何気なく通ると
まず目に付いたのが昭和50年頃の
ブルーバードUバンでした。
多分草ヒロからここに連れて来られたのだと思います。
そして良く見ると、深い緑色に塗られている
トヨタのライトバスが手前に置いてありました。
顔からすると昭和38年~39年に造られた前期モデルでした。
東京オリンピックの時にできたと思うと
感慨深いものがあります。

コメント:鈴木B360&管理人

埼玉古墳群と吉見百穴を巡り埼玉県内をドライブした
「埼玉古墳巡りにて」はこの更新で終了です。

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

元気に営業をしている解体屋のようですからライトバス以外はガンガン潰されているようです。
ライトバスはタイヤもまだ付いているようですから、
ヤードの中をしぶとく移動して倉庫として頑張ってもらいたいという気持ちはしますね。

>カトラスさん・びぃえむさん

側面にある白いペイント部分から、すぐにカトラスさんのHPの個体と判りました。
びぃえむさんの撮影の写真の頃とはラインナップも様変わりしていますが
このライトバスだけが残っているのは、中にものがあることから
倉庫としての活用が見出されてしまったからでしょうか?

Dear David Enzo Phua

Sorry. This site is Japanese only.

My English ability is amateur.
So I do an easy answer.

In Japanese farm area,We often see disused cars put on the field.
We call it KUSAMURA-NO-HERO.

Those cars are used as a shed.
However, some of such a disused cars are recycled and becomes a resource.
A part of lucky cars are restored.Or car parts are used for other classic cars.

Abandon Classic Japanese cars

So Shocked to see so many poor cars abandoned in tis way,some can still be restored.And they are a source of parts for classic car owners too.

David Enzo Phua,Singapore

 雑然と置かれたこれら廃車達こんな風景も懐かしいです。置き場の規制やらなにやらで長く残す事は不可能です。

鈴木B360&管理人様、こんばんは。
他の車は入れ替わる(解体される)ようですが、このライトバスだけは残しているのでしょうか…。何にしてもご存命?ようで安心しました。自分の時もそうでしたがこのライトバスの存在は後で気付くんですよね~。

このトヨタライトバス、以前は単体で草ヒロだったモノです。(2003~04頃撮影↓)
://cutlass70.hp.infoseek.co.jp/2004/Byroad1.html

びぃえむさんの”個展 草ヒロ写真館”の昨年7月頃の画像↓
://mrbmb12.no-blog.jp/blog/2008/07/post_79ce.html
よりも、だいぶクルマが増えてますねw
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数