FC2ブログ

1月19日 家庭消火器点検の日

ニッサンFS
ニッサンFS

日産自動車
ニッサンFS480型

長野県公共施設にて

カレンダーを何気なく見ていたら、
今日は1月19日で119番の日ということで
保存車ではありますが、長野で見つけた役場の一角に
置かれていた個体をご紹介します。

残されていた銘板を見ると、「製作 *6年7月」をはじめ、
「市原喞筒諸機械製作所」や「いちはらポンプ」の文字に、
さらに「自動車 NISSAN-FS-・・・・」「発動機 NISSAN-NCF-・・・・」が
読み取る事ができました。
日本自動車博物館所蔵のニッサンPS580とほぼ同型と判断できたので
銘板のFSをとって、FS580型と推測しました。

と、ここまで書いておきながら119番の日は11月9日でした!

2011.8.24追記

銘板を改めて見定めしたところ、
製作が30年7月と判別でき、
580トラックの登場が昭和30年12月になるので
480トラックの時代の個体と分かり車名を修正しました。

コメント:管理人

ニッサンPS580

日産自動車
ニッサンPS580型

日本自動車博物館にて

コメント

>末小路さん

はじめまして。
グランプリ出版のトラックの本では写真や、
細かい記述が無く、最終的には推定になりました。
貴重な情報ありがとうございました。
これを参考に、記事を修正したいと思います。

このタイプは480ですね。
180のあとにモデルチェンジされ、380(280形式はなし)から始まって580まではフロントのマイナーチェンジで進みました。
グリルの横バーですが、380は埋め込まれた形の5本、480はクロームの3本、580がプレスの一体型でした。

>羽前の国の旧車狂さん

今までに写真と博物館で見たことがあるだけで、
680の前の古いトラックとのイメージしかありませんでしたが調べてみると、
昭和27年から製造された380型でこのような顔付きになり、480~580とMCを経て
昭和34年に680で変わるまで、1950年代の日産の大きなトラック顔だったのですね。

消防車ではないが、580系トラックは私が一番初めに好きになった車です。このおっかない親父の様な顔がとても懐かしく思います。このトラックなくして羽前の国に旧車狂なしです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数