FC2ブログ

探検隊過去の探索からⅣ(57)

ファミリアバン
ファミリアバン

東洋工業
マツダファミリア1000バン
デラックス(BPAV)

長野県佐久地域にて
2006年9月撮影

これはよく見ればトラックでないと分かりますが
撮影当時はそれどころではない、
JAFを呼ぶ事態に追い込まれていたため、
鈴木B360は満足にこの個体を見ていないのです。
当時のガイドブックによる
乗用車感覚で乗れるコマーシャルカーという
時代のニーズにこたえようとした車でした。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

>CRESTAさん

今度行くときは、手前の道路に車を置いて見に行こうと思います。
ツライ過去がありますが、まだ残っていることが素直に嬉しい2台です。

昨日の探検でハイゼットもファミリアも生存を確認しました。
どちらも元気そうでしたが、ファミリアの頭に乗っかっているテールゲートの残骸らしき物は無くなっていました。

>羽前の国の旧車狂さん

管理人は堆肥の山に足を突っ込んだ事があります。
ズルッと滑ったと思ったら、見事に靴が埋まっていました。
置き立てだったようで匂いが凄まじく、靴をダメにしました。

50回以上、数万キロに及ぶ探索で、車でのトラブルも、幸い脱輪1回きりで大きなトラブルはありません。

 此処にもあったが名前ないもの私です。システムトラブルあって名無しになりました。

 管理人さん


 草ヒロ探しは脱輪はつき物、それどころか肥溜めが直ぐ脇にあることも珍しくないです。
 私も10年ぐらい前まで肥溜めで肥料を作っていましたが、愛車クラウン(2代目)の部品取り車を肥溜めの近くに置いたらズボッと足を突っ込んだ後がありました。(一応人フンではありませんが。)撮影した人でしょうかね?
 隣に飲食店が入ったので肥溜めは埋めました。

ライトバンスペースに入りきらないほどの物を積まなきゃいけなくなり
物置を造る決心よりも切ってしまったほうが簡単だったのでしょう。
屋根は捨てずに置いてあるのを見ると、その推理も外れているような・・・。

JAFは探索中の不慮の脱輪から・・・。
6000円くらいの不祥事でした。

 一体何を意味するのでしょうか?屋根を切り取りトラック風にするとは?実はコンパーノのライトバンだが同じ様なカットをした廃車体が我市のY地区Fの山中にありました。
 更にこの個体はホワイトリボンのスノータイヤを履いて居ます。珍しいですね。雪国在住だがこの様なタイヤは余り見ませんが、近所のオジサンがマークⅡに履かせて居ました。

Cピラーの処理が美しい初代ファミリアバンもこうなってしまえば他の車と同じですね。

「JAFを呼ぶ事態」と言うのが少し、気になります。

すいません…

すいません…
また名前を入れ忘れました。誠に申し訳ございませんでした。
m(_ _)mペコッ

なんか…

久々にコメントします。

このファミリア、切り取った部分が如何にもわざとらしい(?)です。何が目的なんでしょうね…? これじゃあ倉庫としても、あまり機能しないと思いますし…

余談てすが、自宅の近くに同じ型のファミリアの現役車がいます。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数