鈴木B360単独行2008(11)

タイタン

東洋工業
マツダタイタン2t積高床ロングボディー

神奈川県湘南地域にて
2008年10月撮影

この時代のタイタンも
今となっては少なくなりました。
2代目のデビューは1980年なので
ハチマル初期の位置づけになります。
そしてこのタイタンは、初期バージョンで
少しデコトラを意識しメッキパーツや
星型のランプが付いていました。
車載ローダーの重なり方がダイナミックであり
突風で落ちたら隣のいすゞのトラックに直撃でしょう。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

>真鍋清さん

鈴木B360は解体屋にも足繁く通っていた時期もあった為か、
特段積み方に関しては言ってませんでしたが、確かにコレはアブナイですね。
その後この地を訪れていない為、どうなってしまったかは判りませんが、
少なくとも、崩れて人がどうこう、といったニュースは聞きません。

何という積み方!ドラム缶を荷台に置いて、その上に他のトラックの荷台を載せ、その上に車載車の荷台を置く....これで突風で荷崩れを起こしたらどうする、通行人やうっかり入り込んだ子どもを直撃したら命は絶対にないぜ!
このタイタンの荷台に他のトラックの荷台を二個載せるならドラム缶を置くなど命取りだろう、もっと安全に、絶対に落ちない角度で乗せるべきだろう。
タイタン自体は非常に魅力的だが、事故や災害時の安全性を考えるに、一種血なまぐさい画像(草ヒロ)とも取れる。

>長野在住の旧車好きさん

家に来ていた大工さんも、歴代のタイタンを乗っていて
この顔のタイタンが建て直しのときに良く見ていた記憶があります。
その大工さんも、今は高齢になりましたが、よくスクラムに乗って家を訪ねてくれています。

その昔、長野県境に住んでいたとき、家の前の人が左官屋さんで、このトラックに乗ってました。頼もしいエンジン音が懐かしいです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数