FC2ブログ

08GW・伊那谷探索(43)

コロナ・サンバー
サンバー・コロナ

富士重工業
スバル サンバーライトバン360
トヨタ自動車工業
トヨタ コロナ4ドアセダン2000SL(RT104)

長野県伊那谷南部にて
2008年5月撮影

なぜこのようになってしまったかは不明ですが
昭和40年代前半の車が上に載り、
昭和40年代後半の車が下にあるのは
少々不規則なものに見えます。
上のサンバーは2代目の前開きドアのモデルで
下のコロナは4代目の中でも2000ccの
最上級モデルという事が、ボンネットや
バンパーモールで判明しました。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

土尾ピュ

羽前の国の旧車狂さんへ

叔父さんはセダンで、高級志向で、速い車が好きだったようですね。
ニッサンだとスカイラインやグロリアといたところでしょうか。

 そうでしたか

 改めて私が2~3歳ごろのアルバム見たがやはりこのコロナと同じバンパーモールが有りました。となると祖母が買い与えたコロナは2000ccなんですね。叔父も学生の分際でなんたる・・・・・。
 叔父はコロナは買って貰ったとあってか、8年乗ったがその後クラウンは3年で買い替え其の後BMWだった様な気がします。それが最期となりました。

>長野在住の旧車好きさんへ

タクシーは昔、小型車という区切りがあってよくコロナやブルーバードのタクシー仕様が
ゴロゴロ観光地には居ましたね。
今じゃコンフォート一色でつまらないです。

>羽前の国の旧車狂さんへ

この代のコロナは確かに1800ccが主流なのですが、この車を検証した所、
ボンネットのダクトと、バンパーモールから2000cc最上モデルと結論しました。
撮影時は、エンブレムを探したのですが、見つかりませんでした。

>あるてるさんへ

衝撃的な情報ですね。
まさか、撮影直後に召されてしまうとは悲しい現実です。
我々の影を踏むように、良い草ヒロ個体が無くなってしまうのは・・・。

 あるてるさん

 そんな前からこの様な状態でしたか、一体何を意図としているのでしょうね。
 最近姿を消したが、R-2の上にミラの660cc直後のモデルをのせた果樹園があり見事な位R-2は潰れてました。写真位取っておけば・・・・です。

こんばんは。
僕が撮影したとき(2006年2月頃)にはやはりこの状態でした。
このエリア、好きで近くを訪れるたびに表敬訪問していたのですが、今年の6月上旬に再訪した際にはありませんでした(T_T)
このすぐ近くのミツビシ360やハイエースはまだ健在でしたが彼らも時間の問題かもしれません。

コロナは1800ccでしょう。

 5代目コロナ=安全コロナと云われたモデルです。昭和48年登場でこの年代は疎いですが、1800ccモデルと思いますよ。
 実はこのコロナ私の亡き叔父(内科医)が学生時代、新車で私の祖母が買い与えました。昭和50年の事でした。叔母と結婚し叔父がオンボロの多分スバル360で「嫁に下さい。」と家に来たので許可してから直ぐにこのコロナを買い与えました。色はグレーです。グレードは之と同じです。
 叔父の生家は貧しく当時家で学費だしました。結婚後の生活費も我が家持ちです。たまたま祖母が叔父の小学校時代の担任でした。叔父は45歳で急死しましたが、このコロナの後7代目のクラウンを買った記憶が有ります。でもクーラーが無かった様な記憶が有ります。従兄弟と後ろ席でキャーキャー騒いだ事思い出します。
 然しこの重なり方変ですね。もしかして数日中にスクラップに出すのかも・・・・廃車もって行ってくれるので嬉しくて農家の人がサービスしたのかも・・・家のカミさんならこういう事やりかねませんついでに、お袋や祖母も。
 

いつも楽しく拝見しております。
下のコロナ。今から25年くらい前に、長野県北部の某駅前でバスを待っていたら、ロータリーにこの車がやってきて、私の隣にいたおばさんが乗り込みながら「車買ったの?」運転の男性「中古!中古!」と言いながら走り去っていったのを思い出しました。
また、この車は長野市内ではタクシーでよく見かけました。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数