FC2ブログ

探検隊過去の探索からⅣ(3)

マックスクオーレ

ダイハツ工業
マックスクオーレ550
4ドアハイカスタム

宮城県南部にて
2006年6月撮影

草に埋もれながらも
辛うじて道路を見つめていたのは
ダイハツの古い軽から名前をかき集めて
造られたマックスクオーレでした。
ボンネットは直ぐにも抜けそうなくらい
鉄板が朽ちてボロボロでした。
そういえば、平成になって
MAXという車もできました。
この車がルーツなのでしょう。

コメント:鈴木B360

コメント

探検隊としては、この前向き駐車だと無条件で顔が拝見できて嬉しいのですが
今まで顔が撮れず逃した名車は数あるのですが・・・。
多分オーナーもここを通るたびに愛車の顔を拝んだり、
ミラーが落ちていたら載せたりするのでしょうか。

サビは、水の溜まる所に発生しやすいので
写真では見えませんが、ドア下などもおなじように
やられているかもしれません。
さらに、この時代の車はボンネット加工が弱く
一番塗装が剥げたり、錆びやすい場所なのです。

2スト&FRでドリフトも可!

刃物で人を刺した時、刃を上に向けたか?
下に向けたか?で殺意の度合いを
判定されるそうですが・・・・・。

草ヒロでも道路に対して前向き放置か
後ろ向き放置かで放置した人の「想い入れ度」が
判定できそうな気がしないでもないです(笑)
このクルマのオーナーはいつまでも道路を
見せてあげたかったので前向き放置でしょうか?
落ちたフェンダーミラーをボンネットの上に
置いたのはたぶん・・・・元オーナーでしょうか?

たまには見に来ているのでしょう。

サビサビ

すごいですね!!!!

ボンネットはサビサビだけど

ボディはそんなにひどくは無いかな?
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数