FC2ブログ

ハチマル特集(10)

スプリンター
スプリンター

トヨタ自動車
スプリンター4ドアセダン1500XL(AE81)

静岡県東部にて
2006年7月撮影

バラバラになっている
昭和58年頃のスプリンターです。
左後サイドなどは給油口カバーを残し
崩れてしまっています。
この型のカローラとレビン、トレノ、カリブは
トミカのモデルになっているのに
この車だけは同じ兄弟なのにありませんでした。

コメント:鈴木B360

コメント

皆さん、これくらいの世代の車からは随分と辛口のようで
まあ、この壊れっぷりをみれば納得の感もありますが、
あの豆腐屋さんの車もクラッシュすれば、盛大にこうなるのでしょうか。

 かなり不評ですね。


 そうでしたっけね、カローラ初のFF車でした。この頃からコロナ、ブルーバードクラスより下はFF化しました。
 このデザインですが、わざと従来のカローラユーザーがそっぽを向く事を意識して設計したそうです。之によりカローラオーナーの平均年齢が下がったのは事実です。
 それに相まってこの年ドアミラー車の販売が許可されました。それ以前はドアミラーのみは違法で販促切符が切られました。
 ドアミラーの許可は日本の自動車振興会が旧運輸省に粘り強い運動の成果です。
 そして樹脂製バンパーが採用され益々新型車嫌いに拍車が掛かりました。安っぽいデザインゆえ、バンパーとは云えないと思います。やはり鍍金バンパーでないとねぇ。

カローラ系の初のFF化

「セクシー・スプリンター」なんてキャッチコピーが(大笑)
この未塗装のバンパーが商業車ぽくって嫌です。
ヨーロッパ車のようにハッキリしたデザインなら
未塗装のバンパーでもカッコいいんですがね。
グレードがSEになってもバンパーの上、半分しか
カラードになりませんね。

でも、このクルマあたりからスペアータイヤが
テンパータイヤになりましたね。

私も確かにこういった類系は好きになれませんね。もちろん今でもそうです。小さい頃から商用車、ハイオーナー車などに惹かれてました。商用車は軽箱バンに一番心惹かれます。。。

 このタイプのカローラ(写真はスプリンターだが。)新車当時とても嫌いな1台でした。ドアミラー化の初期モデル、キューンと下がったボンネット、之が今後のスタンダードモデルか?と思いこの頃から新型車嫌いが始まりました。残念ながら未だもって好きになれません。例えば其の前年に販売されてたコロナ(RT130系)と比べ明らかにかっこ悪くとてもじゃないが、自分には乗れない車の評価でした。
 あれから25年やはり腐りが酷いですね私の草ヒロサニーと同じ位置がはがれてます。当方の車は昭和56年式です。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数