FC2ブログ

飛騨~信州探索(3)

ハイエース
ハイエース

トヨタ自動車工業
トヨタ ハイエース デリバリーバン
デラックス5ドア(RH11V)

長野県木曽地域にて
2008年7月撮影

昨日紹介したコミューターの撮影直後、
長野入りした探検隊は岐阜での感触に
気分を良くして、同じような谷あいへと
車を走らせました。
グリル左側に1600とあるので
エンジンがパワーアップされた型式と思われます。
車体はある程度サビが進行したためか
後塗りされ、大事に使われている様子です。

コメント:管理人

コメント

以前伊那の果樹園地帯で発見した前期最終の1600と同じモデルでした。

ここまで明るい錆び止めを塗りたくられている個体は、この車が初めてです。
錆止め塗装をするというオーナーの決意には感服する物があります。

そうです、この色、そしてこのデザイン
まさしく初代エスティマを彷彿させます(目が悪いのか?)
冗談はさておきましてスライドドアの窓が
ハメ殺しになっているので3人乗りで
荷物がジャンジャン積めるモデルですね。
この色を塗った時点で、もう二度と道路を
走る事はないケジメみたいなものを感じました。
現役時代に敬意を表してクルマらしい形を
スポイルしないようにライト、ウィンカー、
エンブレム、などを避けて塗装されていますね。

うちの近くにもこの個体があるんですよ。いい味出してまっせ。。。

 またまたハイエース。生産台数が多く、生産期間も長いだけありコミューター以外はこちら羽前の国でもよくある固体です。知りうるだけで10台はみました。(今残存は3台位で今年職場の後輩の家にある初期型ハイエースが解体)
 以前塗りなおしの固体の報告あったが、今月初めカンカン天気の為ブドウ園にあるクラウンの屋根とトランクフードにクリアーカラーの防錆ペイントをやりました。屋外に置いてから勢い良くメタリック塗装がはげこのままでは・・・と思い実施。今の所サイド側は全くはげて居らず事故修理跡も全く痛みなし。
 さてこのハイエースは1600のエンブレムある事から多分後期型(昭和47年以降)と思います。この頃4代目コロナは1600ccが主流でしたので可能性が高いです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数