FC2ブログ

山梨を行く(34)

パブリカバン
パブリカバン

トヨタ自動車工業
パブリカバン700デラックス(UP16V-D)

山梨県甲府盆地東部にて
2007年2月撮影

やはり草ヒロ探索は冬に限ります。
このような大物も、小高い山から
双眼鏡で見通すと、ヒョッコリ出てきて
いるからうれしい季節です。
そして、この個体は初期のパブリカバンです。
完全な倉庫車として使われているため
シートやハンドルは取り去られていました。
ボンネットは外れて板をストラットタワーバーの
ようにしていました。

コメント:鈴木B360&管理人

パブリカバン
パブリカバン

トヨタ自動車工業
パブリカバン700

山梨県甲府盆地南部にて
2007年7月撮影

ここまでがらんどうだと何がなんだか
サッパリと分からないのが普通ですが
ボンネット内部の刻印の「UP16・・・」から
この個体がパブリカバンだと分かります。
大物ですが、正直この状態ではと
夏の昼下がりの暑いときに撮影しました。

コメント:管理人

コメント

パブリカバン、とても楽しんで頂けたでしょうか。
皆様、パブリカにはかなりの思いがあるようで、
我々もこの草ヒロには思いがあります。
探検も軌道に乗り始めた頃で、
インパクトのある古い車として、飛び込んできたのが
この青いパブリカバンでした。
中身はありませんが、外見はサビもなく良い形で残っていて
発見を感動したものです。

 思い出したが

 白いほうのパブリカライトバンも後期型です。UP16の前に前期方は4UP16等西暦の末尾の数字が打刻されてます。其れがないので後期型となります。最も古くても昭和39年7月になります。

フレームナンバーが5桁までだ!

リアハッチが横に開くタイプは
コストが安く、うしろが壁の駐車場でも
ちょっと開くだけで荷物が取り出せたりして
便利です。シトロエンにもこんな開き方を
するのがありましたね。
そういえばコイツ、水平対向エンジンだったですね。
子供の頃の記憶ですが「ボロボロボロボロ・・・」って
可愛いエンジン音がしてた記憶があります。
その頃、誰がトヨタがスバルを傘下に入れると想像できたでしょうか?

 水色の方は初代パブリカでも後期型です。サイドウインカーがあるので昭和39年以降です。シートやハンドルが無いのは惜しいですね。私のクラウンは全て付いてますが電球や今乗っているクラウンLPGの共通部品は外して再利用してますけど・・・・
 白い方は見事としか云い様がないです。実は昨年カミさんの車買い替えたが、其の時このパブリカみたいにする予定でしたが、カミさんが反対し、「錆ボロにして残すなら、きちんとスクラップにしたい。」と云い実現に至りませんでした。因みにマーチ1000コレットの15万キロ走行車です。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数