山梨を行く(23)

フィアット500
フィアット500

フィアット500
山梨県甲府盆地西部にて
2007年7月撮影

現代版フィアット500が登場したこの年に
相応しい草ヒロの旧フィアット500撮影しました。
スバル360かと思い、あぜ道を抜けると
ボロボロのボディーのこの個体がいました。
しかもルパン三世で登場する色だったので
親しみのある車に見えました。

コメント:鈴木B360&管理人

コメント

>古厩さん

痛車といえば、秋葉原のMDX駐車場によく停めるのですが
今となっては、展示会のように連なっています。
プラモデルも発売しブームですね。

>ガリさん

家にもオールドミニがありますが、車は走る為にあるとばかりにシンプルです。
現代版500はやはり壊れても簡単には直らないような、今の車になっているんでしょう。

ガタピシ車で行こう!

独身だったら是非乗ってみたいクルマの
1台です。500ccの2気筒ってところがいい!
(私はREXコンビの550cの2気筒に乗ってました)
クルマはこんなもんで上等なんだと思います。
メンテナンスも12X14のスパナ(たぶんインチサイズ)
1本で殆ど分組できるよに設計されてる
そうです。

ヤードモノでは無いチンクの草ヒロというのも珍しいですね。
日本ではチンク=ルパンという意見が根強いですよね。
有る意味、元祖「痛車」なのかもしれません。イタ車なだけに。(ごめんなさい。)

現代版「500」、クラシックカーを模した現代車の中でも再現度はかなり高い方ですよね。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数