FC2ブログ
錦秋の伊那谷にて2019(26)
キャリイ
キャリイ
キャリイ

鈴木自動車工業
スズキ・キャリイ360一方開きスーパーデラックス
(L40)
昭和45年MC~47年FMC
長野県にて
2019年11月撮影

集落内での地味な発見に探索心をくすぶらせている間にも、太陽は見えるスピードで山の向こうに沈み去ろうとしていて、もうひと足掻きと市街地を抜け川向うへ。
幹線道路から見えた畑の一帯に入り込み、外周から見つけた車をきっかけに進入していくと、一方開きの豊満なお尻がお迎えしてくれました。
テールライトと独特のシルエットから顔を確認するまでもなくジウジアーロのキャリイことL40でした。
黒かったはずのグリルは経年で退色すすみ、もとからグレーだったのではというくらいに馴染んでいます。
左前輪は安定させるために外されたのか無く、右前輪はリボンタイヤ、両の後輪にはホイールキャップが残っています。
道に突き出るように出ている左のミラーは、朽ちることを知らないように元気で、キャリイの先へと道を深入りした鈴木B360曰く「死ぬかと思った」という行き止まりで、通り抜けが無い立地が良い具合になっているようです。
足掻いて空振りに終わることもあるなか、山向こうに太陽が落ちた瞬間に良き1台に巡り合いました。

コメント:管理人

これにて『錦秋の伊那谷にて2019』の連載は終了です。
【2020/12/02 15:00】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2020/12/3「季節の草ヒロ」 | ホーム | 錦秋の伊那谷にて2019(25)>>
コメント
>草疲労さん

この日はここでどっぷりと日没で終了。
来た道をもどり温泉へ直行です。
帰ってきて復習がてらに過去の訪問歴などを探るとこの周辺を訪れたのは初でした。
東西南北からもここに至った記録がなく、このキャリイお初で、再訪問する機会でもここいらで夕食でしょうから、キャリイを見るがてらにまた訪問して見ます。
【2020/12/12 20:58】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
こちらのキャリー、自分も気に入っていてKの近くを通ると寄り道して過去5回訪問しています。
キャリーの下へ伸びるあぜ道は自分もハマったことがあって、この下は下りられたはずと行くとこまで行って詰みました、、、
因みにこのお近くのエリアに2分割窓の古そうなバスの草ヒロがあるんですが発見されましたか?
【2020/12/06 19:08】 URL | 草疲労 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/4286-dead6d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |