FC2ブログ
令和元年の年末慰安旅行より(30)
セドリック
セドリック
セドリック

日産自動車
ニッサン・セドリック4ドアハードトップ V20ターボ ブロアム
(E-Y30)
年式:昭和60年MC~62年FMC(6代目後期型)
長野県にて
2019年12月撮影

廃屋と廃車のある風景。
セドリックの方は平成25年に車検切れですが、背後の廃屋はもっと前に人が出ていった様子。
27年間連れ添った愛車(車検切れから単純に逆算)を処分できず、旧家の方に置いて行ったようにも思えます。
Y30セドリックは昭和62年にY31へとFMCしたものの、ワゴンとバンモデルが平成11年のY34の時代まで残っていたため、良くも悪くも古っぽさを実感できないところがありますが、セダンやハードトップモデルがつい最近まで現役だったのは長命過ぎます。
Y30のセドリックにグロリアは、刑事ドラマの一時代を彩った名車で、鈴木B360もそうですがその活躍を懐かしむ熱狂的な愛好家が多く居ます。

リアの写真などないため、過去の探索の同型車を蔵出しします。

セドリック
セドリック

日産自動車
ニッサン・セドリック4ドアハードトップ V20ターボ ブロアム
(E-Y30)
山梨県にて
2006年12月撮影

今から14年前の探索の時、すでに果樹園の主たる風格を醸して草ヒロしていたY30が居ました。

コメント:管理人
【2020/04/28 09:14】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<昭和の日 | ホーム | 草ヒロ探検隊~平成をしめくくる長野旅行から(23)>>
コメント
>髙村円淨さん

同型同グレード同色、同じが並ぶところで同一個体とミスリードさせてしまうくらい汚れ方が似ていますが、似た他人さまのはずと思います。

ガワだけ見ると元気いっぱいに見えますが、見えないところのサビも当然あり、なによりエンジンやミッションは経年や多走行で限界を迎え、乗りたくとも乗れずにこうなったようにも思えます。
【2020/04/29 11:20】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
一瞬驚きました
 インターネットを始めたばかりの時コメントした記憶のあるY30でしたので果樹園が廃園後何とか動かして2019年撮影の場所へ移動したと思いました。

 然しあれ?と思ったのは車検ステッカーですね、おかしいと気付きよ~く読んだらあ、なる~ほど!でした。

 思えば2006年12月は畑にあるクラウンを廃車した直後でした。それこそマダマダ走れそうなボデーでしたがあの時点で、エンジンはスカタンでATは発進が遅く何だか滑る感じで、更にはセレクターボタンが痙攣を起こしたみたいに激しくピクピク動き既に役割を失っていました。そしてクラウン病にも掛かりハンドルふらふらでした。

 恐らくこのY30は錆まみれでしょうかねぇ~?
【2020/04/28 21:51】 URL | 髙村円淨 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/4064-b6d29a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |