FC2ブログ
春から夏日和の長野にて2018(61)
三菱360
三菱360

新三菱重工業/三菱重工業
三菱360
(LT22)
年式:昭和38年MC~39年MC
長野県にて
2012年4月(上)と2018年3月(下)撮影

畑の真ん中に置かれ、周りをにぎやかに耕作されている三菱360のピックアップ。
前期型では三菱360(LT22)とピックアップのページではなくトラックのページで紹介されていて、後期型となって車名にピックアップと付きます。
あくまでも三菱360トラックではなく三菱360ピックアップなのですが、自動車ガイドブック内での掲載位置は年を追ってトラックからピックアップにシフトしていったのが面白いです。
6年ぶりの再訪問となるピックアップは、相変わらずの顔無しなのですが、下草がサッパリと整理されてグリルは落ちてバンパーに立て掛けてあるのがハッキリと見えました。

三菱360
三菱360

三角窓のガラスの刻印には63の文字が一応読み取れました。(編集前の物)

コメント:管理人

【2020/03/15 21:54】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<令和元年の年末慰安旅行より(22) | ホーム | 春から夏日和の長野にて2018(60)>>
コメント
>髙村円淨さん

三菱360の周りも土がしっかりと耕され、手がしっかりと入っています。
長年かけて立派な耕作地となったのが、三菱360の古さからも伝わってきます。
クラウンの周辺のお話、2014年の写真を見てみましたが、半分までタイヤが埋まったということは、この記事の畑に引けを取らないくらい見事にタイヤが埋まっていることが想像できました。
今年は残念ですが、世間が落ちつきましたらその姿是非とも拝見したいです。
【2020/03/23 22:58】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
見事に埋まっていますね
 ここまで凄く埋まっている個体はあまり見ません。G3が確認できて白いステアリングなのでまずもって前期型である事が判ります。

 もしかするとこの個体は車検制度開始前辺りで廃車になった可能性があり半世紀近く留まっていると思われ、その間土を増やしたのかな?

 最近ですが私のクラウンGS130もタイヤの半分が埋まりました。
【2020/03/16 14:08】 URL | 髙村円淨 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/4020-c4f9fca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |