FC2ブログ
春から夏日和の長野にて2018(48)
ニューライン
ニューライン
ニューライン

ダイハツ工業
ダイハツ・ニューラインとハイゼットバン

2012年3月撮影
長野県にて

まずは2012年3月撮影の写真から。
昭和30年代の車ながら、平成の世に有っても現役バリバリの物置でした。
つづいて、その次の訪問。

1960年代のオールドダイハツ
ニューライン
ニューライン

2018年3月撮影

6年経過して現存を確認。
新旧の写真を比較すると、顔を覆ていた木の板やタイヤがどいてお顔をすっきり拝見できるようになっていたり、その他様々な物の置かれ方がことなります。
相も変わらず物置として大活躍なのですが、興味深いのは新旧それぞれ3枚目のニューラインのサイドビュー。
なんと2012年当時は無いものと思っていた荷箱の左側部分が、丸太に隠れていただけで存在していたことです。
右側からの眺めでも別物のようにズレた場所にありますが、左側の相当キャビンからズレていて、中央部分でどのように辻褄を合わているのでしょう。

コメント:管理人

【2020/01/02 21:12】 | 複数車種 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2018年末慰安旅行より(24) | ホーム | 令和元年の年末慰安旅行より(2)>>
コメント
No title
>髙村円淨さん

ブログ拝見しており、事の推移を陰ながら見守っておりました。
女子会との約束事では重大な事態で、まさに存亡の危機というのは、数々のエピソードから決して大げさではないこと。
ご本人から、無事解決の文言が見られ、現役続行中とのことでホッとしました。
【2020/02/05 21:29】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
これは不思議ですね
 荷台が無いと思ったら実は隠れてない様に見えていたとは・・・・

 薄々感付いていらっしゃると思いますが、私のクラウンGS130ですがフロントガラスを昨年破損しました。初日はショックでしたが程なくしてボンネットを外して、VNY30の衝突事故で凹ましたゲートを蓋にする事で無事解決。まさにこのハイラインみたいにポンコツ丸出しになりましたが、今の所カミさんが畑に行って居ないのでそのまま現役続行中です。ふとこの画像で思い出しました。
【2020/01/12 23:11】 URL | 髙村円淨 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/3944-b15ac9e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |