FC2ブログ

春から夏日和の長野にて2018(35)

サニーバン

春、斜面にひょこりと顔出したフキノトウと、その上に310サニー。
おとといのフェローバンのところに場所を戻します。

サニーバン
サニーバン
サニーバン
サニーバン

日産自動車
ダットサン・サニーバン4ドア1400スーパーデラックス
(VHB310)
年式:昭和52年~58年
長野県にて
2018年3月撮影

フェローバンはサビのブラウンでしたが、サニーバンはそこそこサビが出ているようですが、光の加減などで目立ちにくいです。
左フェンダーが大きく変形していますが、その中のサイドマーカーは割れるでもなくしっかりと付いています。
そのことから、現役時代の事故やら、置いた後に物をぶつけたというのではなく、考えられるのは雪の重みによって圧壊したということ。
サニーバンの全体を見回してみると、フロントガラスの外周にゴテリと補修材らしきものがのっていて、ずれ落ちるのをガッチリとガードしています。

19051107.jpg

そのほかに、車内を見てみると中柱が設えてあって、雪が積もり易い車体前方にかけて屋根を中から補強してあります。
この補強は、小さいながらもフェローバンでも取り入れられていて、雪深い地域ながらも、崩壊することなく生き永らえているポイントになっています。

サニーバン

フェローバンとの位置関係は、このような感じです。

コメント:管理人



コメント

No title

>羽前の国の旧車狂さん

オーナーの創意工夫のたまもので、大きくひしゃげたフェンダーとは不釣り合いなくらいシャンとしたボディを保っています。
良い感じにコンディションを保っていますが、見えないところに深いサビもありそうで、豪雪との戦いで草臥れたところが、いざ動かしてみたらバラバラにというのもありそうです。

事故ではないですね

 事故特有の傷が全くないし現地が豪雪地帯ならこの様な潰れ方は珍しくないです。

 然し惜しいですね、通常このモデルはこんなに綺麗には残らず、この位の廃車年ともなるとグサグサになります。

 でも助手席のドアはズレていますから多分雪で潰れてボデー全体が歪んだのでしょう。更に腐れていますからね。恐らくこの状態では再生は絶望的です。私のサニーSGLよりは再生しそうですが、フロアー状態は50歩100歩でしょうね。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数