FC2ブログ

カッコーの鳴く高原にて

ベレットエキスプレス

インターネットに上がっていた写真から是非とも見てみたいと思っていたベレットエキスプレスに、航空写真とストリートビューによる事前探索で見当をつけて向かい無事に対面してきました。
貴重な車が今日まで残っているので、さぞ人目に付かない奥まったところにあるのだろうと想像するところですが、二車線道路から姿を遠望できたうえ立地も道に面した所でした。

ベレットエキスプレス
ベレットエキスプレス
ベレットエキスプレス

いすゞ自動車
いすゞ・ベレットエキスプレス

年式:昭和39年登場~41年MC(前期型)
カッコーの鳴く高原にて
2018年7月2日撮影

ベレットエキスプレスという優美さを感じさせる名前が付けられていますが、乗用ワゴンではなく商用ライトバンです。
車体に表記された「自家用」の文字からもライトバンであるというのがお分かりいただけるでしょう。
ベレットのほかにヒルマン、ベレルにもエキスプレスの名が付いたライトバンがありました。

ベレットエキスプレス

ベレットエキスプレスは、ベレットのスタイルをそのままに1トン積みのトラックにしたワスプ(KR10)がベースになっていて、身も蓋も無い話、実質はワスプライトバンです。
それでもワスプライトバンとして売らなかったのは、当時は各社揃ってライトバンに乗用車のムードを取り入れて貨客兼用車として売り出していたためで、ベレット譲りの良さ、ワスプ譲りの強さを両取りしてのエキスプレスだったのです。

ベレットエキスプレス

ドアから後ろの屋根の造りが別物感があります。

ベレットエキスプレスは昭和39年に発売され、ガソリンエンジンの1300cc(KR10V)とディーゼルエンジンの1800cc(KRD10V)とエンジンラインナップはワスプと同じでした。
乗車定員5名、積載量は2名乗車で500kg、5名で300kgと、コロナバンやダットサンバンと変わりない性能でした。
昭和41年にベレットのフェイスリフト合わせてMCが行われ後期型となり、いすゞが保有するベレットエキスプレスがこれになります。

ベレットエキスプレス

右前輪はスノータイヤを履いていました。
後輪は草に埋もれて確認不能です。

ベレットエキスプレス

ボディに目立つサビは見られませんでしたが、内装のヘタリはやはり高年式車といった感じでした。
内張は剥がれ落ち、メーターが読めないくらい土埃が厚く堆積していて、車内は古い納屋のようで長く置かれていることが伺えました。

コメント:管理人

コメント

No title

>羽前の国の旧車狂さん

水色のベレットエキスプレスでしたら、Googleで検索をかけると出てくる個体があります。説明にはレストアを待つとあり、お話の個体でしょうか。
こちらのベレットエキスプレスは、ライト類の欠品こそあるものの、まだレストア可能と見え、あとは書類があればというところです。

これは凄い!

 先ず見る事ありませんね。

 25年ほど前ですが隣の地区の果樹園にこれの水色があり、叔父の分家の方がオーナーで、これが欲しいと云う方に話を持って行き引き取られてレストアされました。状態は野晒ですからそれ程綺麗にはなりませんが、今はどうなって居るやら?

 
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数