春から夏日和の長野にて2018(8)

農民車

草むらに何かが居ると車を止めて見上げると、荒れた斜面に取り残されていた農民車を見つけました。

農民車
農民車

一見してひょろっとした佇まいから、すぐにミゼットなどをもとに改造されたものでないと分かりましたが、よく見るとミラーとワイパーが装備されているのが確認できます。
転じて、そのミラーとワイパーが取り付けられている鉄板は風防にしては立派で、屋根の部分と比べて造りこまれている上に、窓ガラスがしっかりと付いていたことから考えると、解体した自動車から切り出して加工したもののように感じられました。
地元の鉄工所などで自動車や二輪車の部品から、持てる加工技術を駆使して生産された農民車らしい、同じものが2台とないであろう面白い車に遭遇しました。

コメント:管理人

コメント

非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数