FC2ブログ
春から夏日和の長野にて2018(4)
連載の(1)~(3)の流れからリセットし、旅の始まりに時間を戻します。
北陸新幹線の初発を利用し、駅降りてすぐにレンタカーに乗り換えて探索を開始。
市街地を抜けるとすぐに山登りを始め、最初の山は見事なまでに空振りして、ふた山めで良い流れに乗りました。
鈴木B360がひとりの探索で山を回避したのと違い、管理人はしょっぱなから山狙いで攻めていました。



ダイハツ・ミゼット(の荷箱)
長野県にて
2018年3月撮影

車を転がして1時間も経たないうちに大物です。
大物と言っても完全体ではない荷箱だけ。
顔の部分は周囲をいくら見回しても姿なく、ミゼットを分解しているようなお宅もありません。
道路のお向かいにプレハブ物置のゴミステーションがあったので、元はゴミを置くボックスとして使用されていたのでしょう。

18040502.jpg

ちなみにひと箱だけでなく、重なってもうひとつ。
使わなくなったから、重ねてまとめられたという感じがします。
1台まるまる揃っていないのが、管理人らしい出会いの「運」です。

18040503.jpg

ミゼットの荷箱のすぐ近くには、これまたお顔不在の荷箱がありました。
誰に背負われていたのかを伺わすものはなく、製造元のステッカーとして『車体工業』というのが左下部に残っていました。
良い雰囲気の一品ですが、これだけをレストアして、何かのトラックに背負わすというのは道楽でしょうか?

コメント:管理人

【2018/04/05 21:59】 | その他の車 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<春から夏日和の長野にて2018(5) | ホーム | 鈴木B360のぶらり盆地ひとり旅(2)>>
コメント
No title
>長野在住の旧車好きさん

欲を言えば頭が欲しいところですが、それでも写真に納めてしまうのは、放っておけないからです。
古いものは造りが重厚なのが良いですし、おっしゃるとおり様々なメーカーがあって図柄も楽しめます。その土地のローカルな企業の箱を見ると、宣伝で置いたのでは?とも考えてしまいます。
【2018/09/12 18:30】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
No title
私も旧車好きですが、同時に旧荷箱好きでもあります。製パン、ハム、などのもう見かけないメーカーのがあると、嬉しくなります。
【2018/08/04 10:39】 URL | 長野在住の旧車好き #-[ 編集] | page top↑
>羽前の国の旧車狂さん

山の行き止まりの集落内にあり、立地ゆえに部品取りを逃れたのかもしれません。
近くのお宅には綺麗にカットされて乗られているハイゼットの果樹園仕様車が居ました。
推測するに、それのオーナーなりのまめな住人による廃車利用の工作の産物だとおもいます。
【2018/04/06 20:33】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
こういう物が道端に放置される事例は非常に稀ですね、我が町内会でもS38ハイゼットバンがゴミ置き場として有りましたが、撤去時はきちんと処分しました。(でないと当時元気だった大正婆さん達が許さない筈)

テールが残って居ますが、置き場として現役だった頃マニアに盗られずに良く残りました。テールレンズだけでも結構でしたので。
【2018/04/06 06:49】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/3668-39201eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |