羽前の国ツアー2017(23)

シビックとアルト

山形県にて
2017年4月撮影

2016年に訪れた草ヒロ密集ゾーン再び。
畑の奥の方に並ぶ2台を見つけ、ちょいと強気に車を進めてみたら、山林を抜けた先に草ヒロがあることあること。
オメガ(Ω)を描くように山林を大きく迂回をしてくるも、2台はずっと遠いままで道に近づく気配なし。
見渡せるところから望遠で捉え、左側が初代アルトの後期型というのが見えてアプローチを止めました。

シビック

2台そろって赤く、3ドアのハッチバックスタイル。
右側シビックの方が年式若干古く、2代目の前期型(昭和54~56年)です。
車体は熟成が進みつつあり、サビ色濃く赤い塗装はくすんだように渋みを増しています。

アルト

一方の左側アルトは、初代でも末期の昭和58年5月に追加されたドアミラー仕様で、ミラーは取り付け位置に迷いを、デザインには取ってつけた感がある見慣れぬ姿です。赤い塗装は艶を失っていて、シビックとは対照的な色褪せ方をしています。

アルト

もう1台、同じ日の午前中に見た、こちらも遠くのアルト。
丸目の初代前期型で、白い塗装が褪せた先にサビが浮かび始めています。

コメント:管理人

コメント

非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数