時の流れは無常~もう若いとは言えないオッサンの戯言


17112702.jpg

草ヒロ探検隊は長野の旅から帰ってまいりました。
何十年も動くことなく在ったものが、何のきっかけで動くことになったのか。
今回も過去帳入りを確認することになった草ヒロたちがいました。

残ったものの多くは搬出が不可能に思え、これは多分に希望的観測に満ちたもので、かたちあるものが崩壊していくように絶対はなく、再会を期待しての訪問がお別れになってしましました。
廃車となれば解体される道を歩むのが多数のなかで、はぐれた少数を追って果てるまでの猶予を垣間見するのが廃車体趣味ですから致し方ないのですが、お別れはやはり寂しいものです。

今回の旅をこれからブログで紹介をしていくのですが、「今」だけでは寂しすぎるため、過去の旅も織り交ぜて精いっぱいの「今」への抵抗を試みたいと思います。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

オーナーが眠りにつかせたもの、オーナーが先に逝ってしまったもの、長くあるものに付きものの事情がそれぞれにあります。
オーナーからお話を聞けることもありますが、ほとんどは想像するしかないものです。

ご丁寧な誤字の修正恐縮です。
なお、当ブログの記事にこそタイプミスが各所に潜んでおります。

>1049さん

皆で見れるストリートビューなど記録と、個人のなかに仕舞われた記憶。
お手軽になりいつまでも色あせない記録と、ふいに思い出される記憶。
デジタルの恩恵を受けつつも、記録が間に合わなかった昭和の草ヒロがあまりに多いです。


>羽前の国の旧車狂さん

現場に残されたタイヤの数が撤去された2台と勘定が合わず、タイヤがやたらあったことを思い出すと台数分だけ回収されたのでしょう。
タイヤのほかに、千切れた鉄板がいくらか残されていました。

 これはどう考えても解体屋の仕業でしょうね、あの状態では到底部品はエンジンが良い所ですから、マニアとて食指が出ない代物です。

 廃車を集められない業者が根性で運んだのでしょう、恐らく持ち主は「タダで運んでくれる」に乱舞でしょうね。
 我が家でもB310はタダで運ぶなのでお婆ちゃん大喜びで私も肥やしに埋めたみたいなので何とか掘り上げました。

昔、探索前日にストリートビューで2代目キャリイを見つけて大喜びし、いざ行ってみたらなくなっていたことがありました。そんな感じでデータの中だけに「存在する」草ヒロもたくさんいることでしょう。
OT誌にも取り上げられた豊岡市のヤードも更地になったと聞きますし、草ヒロ趣味人なら唐突に来る別れも噛み締めないといけないんだなと…

m(_ _)m

忖宅→×
忖度→〇
失礼つかまつりました

時の過ぎ行くままに

移り変わる季節の中で 過ぎ行く時の流れを 振り向けば いつも「草ヒロ」が居た 小生も、130セドリックを入手し、テコ入れてエンジンを鳴かしました 昭和41年 誰が今日の「日本の気候」を予測したでしょう 長年の温度変化と不適切な燃料(無鉛プレミアム+添加剤)でバルブのシートリングが脱落 シリンダーヘッドを外して修正しましたが、「このセドリックの為になるのか?」と疑問が頭を過り、組み上げたまま「お蔵入り」とし封印しました 行き続ける物を生かし続けるのは良い事ですが、眠っている物は静かにして置くのも「愛情」と忖宅した小生です
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数