彩の国から甲斐の国へ(1)



2010年7月撮影

夏草がTNトラックの顔はおろか店舗の間口いっぱいに並んだガラス戸を覆いつくし、人の営みがあったところの全てを隠しています。
TNトラックが納車された日、そしてこの店舗が開店のお祝いの中にあった日もあったはずで、この姿になってなお残り続けているのは何故なんだろうなどと考えてしまうと、畑で物置の役目を得てある草ヒロのはない哀愁を感じてしまいます。

17080501.jpg

2017年8月撮影

TNトラックは納品にでも出かけたのでしょうか、店舗の前から姿を消していました。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

長い道のりでしたが、よくぞここに道を通したと感じる山間部の道でした。
埼玉にはUDの大拠点があるというのも強みでしょうか。保存車が収蔵されています。
UDの山間部での目撃こそありませんでしたが、平野部でレストアを手掛けている民間の工場で多数のUDを見ました。


>畑の犬小屋さん

廃墟となる前の姿は、草ヒロと重なる部分があり、同じ魅力を持っています。
埼玉には古くからホンダの製造拠点があったためか、ホンダユーザーの多さを道中感じました。草ヒロでもそれは感じられ、アクティが3台並んで保管されている笑劇光景も見られました。

私は廃墟・廃屋も好き(廃魅惑で)

TNトラックは過去のものになりつつある
ビデオデッキをお届けに行ったようです。


このTNトラックがやってきたとき、お客さんから
「良い軽トラを買ったねえ。」なんて言われたでしょうね^^
昔はホンダ車の性能の評判は良かったようで。

ひたすら

隣接県とは言え長い彩甲斐路の旅 お疲れ様でした 埼玉は山間部に行くと「UD」が強く、生存率も高いですね 2サイクルの車 ふそう(三菱)のV8が30t積んで登れない山を登った逸話(武勇伝)が在ります
ですが、2サイクル故に補助ブレーキ(排気ブレーキ)が無く、UDは「登りも速いけど 下りも速い」と言われたものです
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数