10年目の山梨(27)

ファミリアワゴン
ファミリアワゴン

東洋工業
マツダ・ファミリアワゴン
(MSAG)
年式:昭和39年登場~
山梨県にて
2016年3月と12月撮影

写真の上が3月、下が12月の撮影です。
ルーフが千切れ、フロントガラスにもたれ掛かっています。
果樹園の雰囲気、ファミリアの佇まいともにお気に入りで、この変化は残念に思いますが、これからも機会があれば詣でを続けていきます。

コメント:管理人

コメント

>草疲労さん

車によってはサビが進行していく姿に意思があるのではと感じるものもあり、構造の弱点と合うと、このファミリアのような結果となってしまいます。
今まで頑張ってきたのがプツンと緊張の糸が切れたような、呆気なさを感じます。

動かなくなった車にも動きがある。
小さな変化でもそこに意志があるような気がします。
そろそろ限界ですの声が聞こえてきそうですが、確かな食べごたえの1台にはもう少しと言わずもう暫くでも頑張ってほしいところですね。

>魔洲魅丸さん

当時はステータスよりも仕事で使える安価さからライトバン天国。
今では毎年車検を嫌い5ナンバー登録の改ワゴンとなり、オリジナルなワゴンがより遠くなりました。


>羽前の国の旧車狂さん

サイドなどの写真を掲載しませんでしたが、フロントガラスは健在です。
ルーフの裏に割れることなく隠れています。

 これだけの短期間で崩れるのも凄いですね。唯気になった事はフロントガラスが周りにない事。

 不人気車種でもないのでもしかしたらマニアの仕業?ガラス構造が合わせガラスだから割らない様に注意して外して崩れたのでは?とみて居ます。

贅沢

2ドアのステーション ワゴンとは 父が乗っていた130セドリック前期のステーション ワゴンよりステータスは高いです
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数