10年目の山梨(14)



富士重工業
サンバートラック660 4WD標準ルーフ三方開 JA仕様
(V-KS4)
山梨県にて
2012年2月撮影

農協専売車の営農・・・もといJAサンバーを山の上で見つけました。
550ccからの規格改正で登場し、660ccの第一世代を駆け抜けたモデルです。
スバルのHPによると、平成2年3月の発売から9年で92万台余りが生産され、
歴代サンバーの中でも最高を誇ります。
現在の探検隊主力のサンバートライですら8年で83万台なので、
草ヒロ化の波に今までの時代のように乗ったら、
数年先からは次期主力となってしまうことでしょう。

などと、2012年にコメントをして、それから数年が経ちましたが・・・

17020302.jpg

2016年12月撮影

この世代のサンバーが主力となることはありませんでした。
自動車リサイクル法にのっとり粛々と処理され、一部に果樹園仕様車として改造されて第二の人生を送るものがありますが、物置フィーバーには至っていません。
それでも自動車リサイクル法を潜り抜けて草ヒロになる車が少数ながら居るのが面白いところです。

コメント;管理人

コメント

No title

>草疲労さん

いまの時代に本当にご新規で廃車体を物置として置くという行為がなされているか。
廃車を初めて物置として置いた世代に始まり、それを見て続いた世代で、草ヒロは全盛期を迎えたと感じますが、世代交代が進んだところで文化が失われつつあるのだと思います。
物が豊かになり、廃物を利用しなくても簡単手軽に用をなせる世になり、役目を終えつつあるようにも思えます。

草ヒロ物語?

壊れても捨てられないほど車が特別なものだった時代から早くも50年以上の月日が流れてしまいました。
なんてかっこつけたこと言うつもりはありませんが、660のサンバーは草ヒロでは少数派です。同年代の箱はぼこぼこと勢力を増しつつある中意外です。
新しい車が増えすぎてもまずいと見たか草ヒロ界のバランスが保たれております。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数