FC2ブログ

お台場の天国から長野の天国へ慰安旅行(6)

何度も訪れている地域をまたやり直しているため、再撮影個体が多くなるのは仕方がありませんが、さぼってスルーでもしていたもの以外でご新規さんを見つけることは中々難しいです。
ダイジェスト版に近い軽トラック編です。

マツダB360
マツダB360

東洋工業
マツダB360
(KBDA33)
年式:昭和38年MC~41年MC(中期型)
長野県にて
2016年11月(上)と2009年1月(下)撮影

細い農道から後ろからの姿しか拝見できないB360トラック。
今となっては矢鱈と転がっているものではなく、後光がさしちゃうくらいありがたい現存です。

ミニキャブ5
ミニキャブ5

三菱自動車工業
ミニキャブ5三方開
(LO12P)
年式:昭和51年~52年
長野県にて
2016年11月(上)と2009年1月(下)撮影

住宅街にポツンといる新規格500cc車のミニキャブさん。
T字路で左右確認しているときに見つけなおすも、停車車両がその先に居たので曲がっていくのを遠慮して、取りあえず収めた横からの写真への、「このアングルも良いね」という鈴木B360のひと声で、やり直しをせず次へと進んでいきました。
珍車の現存も確認できました。

ハイゼット550
ハイゼット550

ダイハツ工業
ハイゼット550
(S40)
年式:昭和51年~56年
長野県にて
2016年11月(上)と2012年5月(下)撮影

上のミニキャブ5の近所のハイゼット550も現存を確認できました。
管理人はカメラを下してスルーの構えでしたが、「いってらっしゃい」のひと声で出動。
こんな近くで撮影できたっけか?と思いながら、目の前の道から撮影をしてきました。
前の様子はどんなかなと写真をあさると、道は存在しませんが置かれたタイヤとハイゼットの位置から移動はしていないようで、道が新たにできたというオチでした。

以上、サブロクから550までの3台でした。

コメント:管理人

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

ぶどうの剪定について、他の草ヒロの上にある棚を今回分見てみましたが、作業をしていたのはB360のところのみでした。
B360のサビは表面的に微増という感じで、大きな変化の峠は越えたようで、年式によっては数年でも一気に痛みが進攻しますが、足踏みをしているのは伺えます。

葡萄を作るオヤヂとしての所感

 マツダB360がある葡萄棚の剪定一寸早ぐねぇ?です。そろそろ私らは剪定を始める所です。

 それはさておき余りB360は朽ちませんね、もう朽ち果ててこれ以上なレベルなのでしょうか?

 私のクラウンは着実に初めて撮影来られた時より傷んでいますよ。

>通りすがりのおっさんさん

ワイパーの位置についてコメントがあり確認すると、確かに同じです(笑)
そこからもう少し見ていたら、最新のミニキャブ5ではワイパーが下に落ち着いています。ハキハキと上げっぱなしも疲れてしまうのでしょう!
500ccモデルが橋渡しであったにしても。そこから草ヒロになったのが製造期間相応の数になってしまっているだけで、、買うタイミングにあったユーザーは普通に居たはずですね。

ミニキャブとハイゼットのワイパーの状態が同じというのがなんとも(笑)
そういえば昔、我が家のお向かいさんにミニキャブ5のバンがありました。そのころは三菱やスバルの500cc車を案外見かけたものです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数