お台場の天国から長野の天国へ慰安旅行(1)


IMG_9860.jpg

鈴木自動車工業
フロンテ800

長野県にて
2016年11月撮影

数年前に流れ行く車窓の中に見つけたサニークーペの場所を探していたら、駐車場の車列に合わせて道路を向いているフロンテ800を探してもいないのに見かけてしまいました。
鈴木B360に、「(サニークーペと見間違えて)これの事?」と尋ねられてしまいましたが、即座に「これじゃない。見えないもん!」と返し、棚から牡丹餅な遭遇となりました。
個人営業のディーラーには、さほど大きくない店内だというのに売り物ではないメモリアルな車を展示していることがあり、ピカピカのサブロク軽自動車などが何年も鎮座しているようなものがあります。
店内にこのフロンテ800の姿を見つけたのなら、珍しい良いものをお持ちだ!と流していたことでしょうが、屋根のないところに置いてあるのにギョッとしました。
お顔こそしっかりとしているようですが、ルーフの中ほどからリアにかけてグサグサになってしまっています。

コメント:管理人

コメント

>古厩さん

お話と、店舗のブログでレストアをしたという時期が合い、ほぼこの状態であるようですね。
思い入れがある車というのはあり、手放す気がないというのもわかる話ですが、本業では無いにしてもこの状態は残念に思えます。

私が知る限り、2007年か8年頃には既に雨晒しでした。
それから10年近く、未だに雨晒しだったとは。

一度話を聞いたところ、手放すつもりは無いとのことでしたが、この状態を見ると・・・です。

>FUGAさん

車体後ろにブルーシートが見えるためカバーをかけていたものと思いますが、掛けたままにしておいても痛みがあり、野外保管ということになると難しいものがあります。
博物館ではなく、いちディーラーの保存ですから本業は無視できないと思います。


>魔洲魅丸さん

実物を見れる機会が圧倒的に少なく、テイストが欧州車というものですから、勉強だけでは磨けない感覚は素晴らしいと思います。


>畑の犬小屋さん

掲載に際してはプレートを修整をしましたが、まずディーラーを調べました。
2007年にレストアしたという情報はそれで知りましたが、このままではどうなってしまうのだろうと思ってしまうのは、この車が稀少車だからかもしれません。

もったいない稀少車

わー!私の住んでいる町の近くにある車だ!

このフロンテ800ですが、一度は2007年頃に
自動車販売店さんでレストアされた物です
(その販売店さんのブログに書いてありました)
せっかくレストアされたのに屋根の塗装がはげて
屋根が錆び、これからどうなるんだろう?
と私は気にしている稀少車です。

すっきり

恥ずかしながらアチキは、この車を今日の今日まで「イタ車」と思ってましたが、れっきとした純国産車だったんですね
まだまだ勉強が足りませんでした

何故(゜〇゜;)?????
店の展示車両がそのまま野晒しにしているのだろう?
所有者の真意が分からないがもったいないなあ。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数