春の陽気に誘われ山梨(15)

カローラバン
カローラバン
カローラバン

トヨタ自動車
カローラバン1300デラック
ス(KE72V)
年式:昭和57年MC~58年MC
山梨県にて
2007年3月(フロントアングル晴れの写真)と2016年2月撮影(雪がある夕暮れの写真)

フロント部分が大破して痛々しい姿のカローラバンです。
カローラバンの周りでは9年の間に電柱が建ち桃の木は成長をしていて変化が見られましたが、カローラバンの方はバンパーやライトが落ちることなくほぼ変わりなく、コンディションの大きな曲がり角に至るには年式がまだ浅いということなんでしょうか。
鉄バンパーなのに角目という妙な取り合わせが目を引き調べてみると、1年間だけ存在したモデルであることがわかりました。

コメント:管理人

コメント

>畑の犬小屋さん

事故の具合から見て置かれたあとに、右のヘッドライトを境にして2回に分けて?ぶつけられているように見えます。
セダンはどれも一緒に見えた小学生の頃の管理人にとって、マークⅡやクレスタにチェイサーは怖いニイチャンたちが乗っていておっかなかったという覚えがあるくらいで、セダンが目立つ駐車場にポツポツといるステーションワゴンやワゴン車という車内の広い車が憧れの車でした。


>シャオさん

S38でも550と併売されていたころのモデルであるならば、このカローラバンともさして年式に差はありませんね。
バイオレットのセダンは、市内に修理中の個体が居ましたが、整理をされて姿を消してしまいました。

自分も子供の頃近くの商店でこのカローラバンとS38ハイゼットをおじいさんが乗ってました。


また下のバイオレットも同型セダンでしたが高校の頃解体屋で見かけた事あります。

ああ無惨

好きな車なだけに、こうやって事故(?)しちゃっているとかわいそうでなりません。
さて、小学生時代、車にうとかった頃、
この形のカローラは好きな車で、車格が
もっと高い車だと勘違いしていました。
当時のカローラはローレル並みの格が
ある車だと小学生当時思っていたのです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数