探検隊2015慰安旅行より(26)

「探検隊2015慰安旅行より」は山から降りてきて、盆地の広大な畑地で締めに入ろうとしていました。
太陽が沈むのと競争になる時間帯に、腰を据えて進出方面を考えることよりも、まず先へという風に車を走らせ、見覚えのある2台をまず捉えました。
この記事では、2010年2月訪問の雪景色の中の写真と、今回2015年11月訪問の写真を並べて紹介をいたします。

ハイゼット~2010
ハイゼット~2015

3代目ハイゼットのバンとトラックが同じ屋根の下に置かれている大きな農業倉庫。
今回は違う角度からの発見で、バンはバッチリと確認できましたが、トラックの姿は見ることができませんでした。

ハイゼット

庇の下に収まっているため、探検隊の知る5年という年月に限らず、この場所に置かれた時から大きな変化は無いのではというくらいのグッドコンディションです。

ボンゴ~2010
ボンゴ~2015

ハイゼットのご近所のボンゴワゴン。
物置にタイヤは不要とばかりにタイヤがホイールごと抜かれて無くなり、地にベッタリと張り付き安定感を増した物置に成長?していました。
ルーフからサビの雨垂れで風格が増したような表情も相まって、新人から中堅への年式の積み重ねに期待の1台です。

コメント:管理人

コメント

>PS4X4さん

大阪万博の頃には、各社が電気自動車を競って造っていた時期ですね。
ダイハツの電気自動車は現在でもありまして、北海道の旭山動物園に行った時にダイハツマークをつけた電気自動車が来園者を乗せて走っていました。


>通りすがりのおっさんさん

年式違いにトラックとバンの2台が揃っているため、その後もハイゼットを乗り継いだと思われるのですが、置いてあったのは3代目だけで、よほど思い入れが深かったのでしょうか。
こちらのボンゴくらいの年式になると、3代目ハイゼットの頃と比べて電装品が多くあるため、レストアするとなれば古くなくても手間が掛かりそうです。


>aipenさん

2台に続いて他にもハイゼットが隠れているのでは?と思わせてくれるところです。
欠品が無いのは、バンの左後輪にホイールキャップが残っているのにタイヤが外されているあたりで、大切なモノはちゃんと残っていそうだと感じさせてくれます。


>守護月天シャオリンさん

塗装工程でペンキの海に入っていくような姿になった3代目ハイゼットは見たことがありますが朽ち果てて無くなったも同然になったハイゼットの姿というのは、原型を留めていないのでしょうね。

こんばんは、自分の家の裏手の山に3代目ハイゼットトラックが、もう朽ち果てて無くなっていますがありました。

一度子供の頃走ってたの見た事あります、ようつべに走ってた動画がありました。


このボンゴワゴンも近所で前走ってました、その人は今2期目のレガシィワゴンです。

おお!
なかなかトラックとバンが
同じ敷地にあるのはめずらしいですね!
しかも2台ともキレイ!
欠品もなさそうですね。

ハイゼットはよく見るとトラックの方はドアが前開きの初期型で、バンの方はフロントが眼鏡っぽくなってる最終型ですね。昔、我が家にあったのは最終型のスタンダードのバンでした。
ボンゴはよく見ると4WDのターボと豪華な仕様ですね。
いずれも復活できそうなコンディションですね。

このハイゼットは綺麗ですね。当時、万博でこれの電気自動車ってのがあったそうですね。ミゼットにも郵便配達用のバッテリーカーがあったみたいですね。
現物は見ていないですが大昔の自動車誌に写真が載っていたような記憶がありました。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数