雨ニモマケズ、草ニモマケズ、草ヒロ探検隊旅行記(21)



昼前には日向では夏を思わせる暑さになり、窓を開けて走り風を受けていても暑いくらいでした。
青空に映える水田に3台の軽バンが佇む姿を見ていて、だいぶ早いですが夏休みの旅行に出かけているかのような気分になりました。
6月だというのに草に阻まれたという草ヒロは意外に少なく観賞するにも良い具合でした。(ただし草で見えなかった知らない草ヒロもあったはずですが、知らぬがホトケです。)
それでもって3台の軽バンはお馴染みさんであるため、いつもとは違う遠くからの水田風景で満足してしまい、今回は近くまで行きませんでした。

15072302.jpg

2014年4月の訪問では山の上から3台の姿を眺めてから降りて行きまして、

15072305.jpg
15072607.jpg
15072306.jpg
15072304.jpg

お近くでアクティストリート、キャリイ、ミニキャブを拝見してきました。

15072303.jpg

2014年からさらに遡りまして、キャリイとミニキャブとの初対面は2006年11月でした。
キャリイの場所と向きが現在とは異なり、訳あって手間をかけて移動をしたことが分かります。
移動の定番とも言えるワイヤー吊りの痕はなく、それでなくてもサビが各所に回る車体を損なうことなく、よくもまあ丁寧に移動させたものです。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

アクティですら草ヒロになって20年が経とうとしています。
ヤードで20年放ったらかしだと絶望的な雰囲気がするのに、草ヒロだと復活しそうな感じがするのはナゼでしょう。


>SUIさん

移動後に訪れた時に、前と同じアングルで撮影ができず疑問を抱くも追求せず、古い写真と見比べて移動確定という具合です。
移動方法は、ワイヤーで吊った痕が見られないので、キャリイの下のタイヤの間に埋まっている枕木のような木材を噛ませてクレーンで吊り上げたのかな?とは見えますが、心許ないようにも見えます。

>シャオさん

廃車体の秘密基地は当地にも各所にありました。整備工場前の行き止まりの道がヤード代わりになっていて廃車が並んでいてよく遊びに行きました。


>通りすがりのおっさんさん

キャリイは、他社の500ccモデルを超える暫定モデルのキャリイ55であれば、ちょっとどころではなく超レアでしたが、サブロクモデルですね。
ミニキャブはMMCバッチの付く後期型になり、記事本文ではワイド55と書かないだけですが地味に紹介いたしました。

キャリイは自走で・・・なわけないですね。運転席の荷物が無くなっているんですけどね。このキャリイはサブロクみたいですね。55だったらちょっとレアでしたが。
ミニキャブはロゴから55WIDEが外れた後期のものでしょうか?
それにしてもアクティを含めどれも荷物満載です。

ミニキャブワイド55 子供の頃に近所で廃車の奴がありまして遊び場でした。

どうやって・・・

私もこのワゴンを2回程現地で見ました。
今とは位置が違うとは初めて知りましたが、どうやって移動したのでしょうか・・・?

夢を託す

アクティーは路上復帰が期待出来そうですね 他の2台の一途な願い
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数