雨ニモマケズ、草ニモマケズ、草ヒロ探検隊旅行記(16)

ジンギスカンを遅いお昼ごはんにペロリと平らげると時間は午後3時を過ぎており、少し早めながら宿の方へと車を走らせることにしました。
お昼ごはんの前に山の中で草ヒロ探索をこじらせたので、宿への山越えルートを一度通ったことのある県道にシンプルに決め走ると、沿道唯一の草ヒロと再会しました。

ライトエースバン~2006

2006年11月撮影

2006年当時は道路左側の木と茂みに埋もれていたのが

ライトエースバン

2015年6月撮影

寄り添う木が無くなりスッキリとして、木や茂みのあった車体左側には脇道が開通していて、今にも崩れ落ちそうなフロントも拝見できるようになっていました。

ライトエースバン
ライトエースバン

トヨタ自動車工業
ライトエースバンハイルーフスーパー(KM10V)

年式:昭和46年~53年MC(ハイルーフ追加は48年)
長野県長野地域にて
2015年6月撮影

初代ライトエースお馴染みのグリーン(フロリダ・オリーブという洒落た名前が付けられています)と思いきや、ナンバープレートの跡や塗装の剥げた部分によると元色はブルーです。
暗窓にするのに鉄板を埋め込んでバニングな姿に改造する際にグリーンに塗り替えたようですが、もともとある色に再塗装するくらいなら最初からその色を買い求めていれば手間が無いのにと感じるところです。
思い当たる節としては、ブルーがバン最上級グレードのスーパーでしか選べなかったので、デラックスとスーパーの装備差に納得できず回り道をしたのか、それとも何年か経ってから改造してグリーンに装いを改にしたのか・・・考えられますが、結果としてグレードダウンなカラーチョイスなのが少し笑えます。

コメント:管理人

コメント

>草疲労さん

散々くねくね山道を行き、猫の額ほどの畑にアルトを見たときにはガックリと来ましたし、民家の脇にサブロクが隠れていたりと落差が激しい一帯です。
グルグルとしていると大変疲れるため程々しか巡れず、全部行ってみようとは中々いきません。


>魔洲魅丸さん

ワゴンだとハイルーフでないとお話にならないくらいに隆盛を誇りましたが、バンだとそこまで数が居ないハイルーフ。

日本初

ハイエースより早くハイルーフを出したライトエース 嫌いじゃ無いです

こんばんは。
この県道とその周辺は確かに草ヒロ居ないです(笑)
この周辺の山間は当たりはずれが大きいです。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数