雨ニモマケズ、草ニモマケズ、草ヒロ探検隊旅行記(12)

ブルーバードバン
ブルーバードバン
ブルーバードバン

日産自動車
ダットサン・ブルーバードバン

年式:昭和42年~48年(510)
長野県長野地域にて
2015年6月撮影

ファミリアめぐりで先行する鈴木B360を追う管理人の前に雉が姿を現してウロチョロして去っていき、程なくして追いつくと鈴木B360が「居た」というので、『雉が?』と返すと、「お前の目は節穴か」とアンマリなお言葉を頂戴しました。
「ブルーバードバンが」という強い調子のあとに眺めましたところ、どうしようもない状態で埋もれている自動車の姿が辛うじて見えました。
サイドビューではどうしても510ライトバンと分かるアングルが確保できず、リア側に回ってようやくテールライトを認めることができたくらいで、もう節穴でも結構と匙を投げたくなったお手上げな状態です。
前後ともに鉄板で完全防御されているのに加え、窓を少し開けた状態で換気するのに雨が入り込まないようにバイザー風の覆いが見え芸が結構細かいです。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

人目を避けているかのような外見に加え、果樹園の奥深くにあったためこれが限界でした。
パッと見は車には見えなかったため、効果抜群です。


>FUGAさん

ドミンゴは7人乗りのスモールカーとしてブームとなった車だけあって、サンバートライには敵わないまでも物置として余生を送る個体を目にすることができます。

http://data4.ebbs.jp/view.php?guid=on&b=52590&t=13241522&ln=12&l=58672143&num=1&size=240

↑この車もあまり見ないというか見ない。珍しいのかな?

常駐

果樹園の農薬保管に使われて居る可能性が高いですね で無ければ、トタン板で囲われて人目を避ける事も無いでしょう
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数