クラウンRS41ツアー2015(12)
新幹線

公共交通機関で移動をしているときに草ヒロを見つける機会はありますが、それが写真のような新幹線からであったならば、時速二百数十キロで瞬く間に過ぎさり、よほど良い目印がない限りは極めてアバウトな情報に終わってしまいます。
それでもフル規格でない新幹線区間であれば速度はさほど出ていないため、今回の羽前の国行きでは3台を「ライフコルト、2代目サンバー」という具合に見つけ、前2台の訪問を果たしましたが・・・

N360
N360

本田技研工業
ホンダ・NIII タウン スーパーデラックス

年式:昭和45年9月MC車種追加~47年
羽前の国にて
2015年4月撮影

現地に赴いてみればライフではなく、その前のモデルのN360でした。
マジマジと見たら間違えないものも、流れ去る視界の中でシルエットを認知して、これという特徴的なパーツを拾えなかったため、適当な処理になって微妙に間違えました。

本題のN360に話を戻しますと、車体の後ろからサビに追われているという、面白い見た目なのだけれど切実な状態にある姿でした。
車検標章が残っているのを見ると昭和51年5月と年式からして実に短命で、履いているタイヤは新車時からのものかもしれません。
リアのトランクフードに若葉マークが貼り付けてあった痕跡がくっきりとあり、N360の中でもマイルドチューニングのタウンで免許取得後の修行をみっちりと行い、満を持して他の車へ乗り換えたのでしょう。

コメント:管理人
【2015/05/21 17:39】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<クラウンRS41ツアー2015(13) | ホーム | クラウンRS41ツアー2015(11)>>
コメント
>羽前の国の旧車狂さん

見たところ若葉マークにまつわるアクシデントに見舞われたわけでもなく、廃車にしても惜しくなかった時代だったのですね。


>通りすがりのおっさんさん

550cc時代が到来したことも360ccの買い換えを気分的に猛烈に後押ししたのかな?と思います。
後ろのトランク部分がやたらきれいなのは、取り上げるのが何回目かな・・・?と割愛しましたが、鉄板ではなくFRP製のためで、風化しても決して錆びることはありません。


>どんぐりさん

途中下車をと思っても、なかなか駅に着かないという現実に諦めて、なんとか車窓から撮影してやろうと試みたこともありますが、なかなかうまく行かないものです。
最近では、予備調査だとか、草ヒロ探しトレーニングという風に割り切っています。
ちなみに、このコメントをお返しした5月26日更新で紹介したコロナマークⅡは、Nから10秒くらい(新幹線にて)のところでした。
【2015/05/26 20:31】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
お久しぶりです。

自分も5〜6年くらい前に山形新幹線を利用したことがありますが、
車窓から色々草ヒロが見えて、途中下車したい衝動に駆られたのを覚えています(笑)

このNⅢも記憶にあります。
あと、先に紹介されていた青の230バンも記憶にありますね。
【2015/05/24 05:24】 URL | どんぐり #-[ 編集] | page top↑
このころは特に軽は長年乗る人は少なかったようですね。
この後はまろやか路線が主流となり、ライフへとつながるわけですね。
後ろのトランク部分だけがやたらきれいです。
【2015/05/23 01:35】 URL | 通りすがりのおっさん #-[ 編集] | page top↑
 年式考えると6年程度で廃車は間違いないでしょうね。結構山形でもコロナクラス以下で6年で廃車は随分有りましたね。
【2015/05/21 22:26】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/3034-ff26f7d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |