クラウンRS41ツアー2015(9)

ボンゴ2台
ボンゴ2台

東洋工業
ボンゴボンディマルチバン600キロ積4ドアカスタム(BA2U8V)
【写真左側】
年式:昭和54年車種追加~56年MC
フォード・スペクトロン4WD2200ディーゼルXL-T(SS28RF)【写真右側】
年式:昭和61年MC~平成元年MC車種追加
羽前の国にて
2015年4月撮影

こちら何気ない初代と2代目ボンゴの2台並びではございません。
左側の白い初代は、ヘッドライトの間にガーニッシュがありマツダオート店向けに追加されたボンゴボンディであります。
そして右側の2代目は、フォードとスペクトロンのバッチが付きボンゴのボの字もないところですが、マツダとフォードの提携でOEM提供され販売された中身はボンゴ(と言っても、外見もほぼボンゴですが・・・)なモデルです。
羽前の国を巡るにあたっては、年式的にはスルーしても恨みっこなしよ!という2台ながら、ただのボンゴではないマニア向けな並びに思わずニヤリとしてしまいました。

コメント

>通りすがりのおっさんさん

ボンゴボンディは数年前に実車を初めて目にして、その取って付けたかのような違いにファンになってしまいました。
そのあとのフォード・スペクトロンの派生にしても、独自の装備はあったにしてもパッと外見では追求しにくいところです。


>魔洲魅丸さん

本当はこの次の更新で、フォードバッチの付いたマツダ車を出す予定でしたが、急遽初代ボンゴに差し替えてしまったので、少々お待ちください。

>アラフィフさん

ご指摘を頂き見直して、なんで初代に2代目と書いたのか全然思い出せずにいます。
すっとぼけたにしても、随分と適当を書いたものです。
この後の更新で、しっかりと初代ボンゴをご紹介しますので、さらっと流して頂けると幸いです。

余計なお世話かもしれませんが、ボンゴ初代と2代目との記述がありますが、こちらは正式には2代目と3代目のOEM車ではないですか?
初代は1966年~75年まで生産販売されていた(形式はわかりませんが)と思われます。
僕が子供の時、母の実家近くの酒屋さんが白とグリーンのツートンカラーのボンゴを配達に使っておられ、退役してからは
裏の畑で倉庫代わりになり、最後は正に草ヒロ状態となっていました。
酒屋さんの廃業とともに片づけられてしまいましたが・・・。

なりすまし?

これまた「見分け」の方法を教えて頂けたとは
販売店は「オートラマ」でしたね 他に、ファミリアが「フォード レーザー」、後にデミオがバッチエンジニアリングの違いで販売されましたね いわば「OEM」の走りだった訳です

私も写真を見た瞬間笑ってしまいました。
見た目の印象も微妙にボンゴと違うんですよね。しっかりフォードのバッジが。
それにしても今までボンゴとボンゴボンディの見分け方って気にしてませんでした…。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数