FC2ブログ

神奈川の地力(3)

ミニカ55バン

三菱360の後継として登場してからミニカエコノにバトンタッチされるまでの長きにわたり造られ続けたミニカバンのボディ。
360ccから中継ぎの500ccを経て、新規格もなんのそのと550ccのエンジンまで載せられ、12年の長きにわたり三菱ボンバンを支えました。
杉林の下を走り抜けている時に頭上にミニカバンを見つけ、自然とより古いモデルのサブロクを期待していると・・・

ミニカ55バン

角目から丸目に進化した!
ミニカ5バンではなく、550のバッチが誇らしげなミニカ55バンでした。

ミニカ55バン
ミニカ55バン
ミニカ55バン

三菱自動車工業
ミニカ55バンスーパーデラックス(A105V)

年式:昭和52年~56年
神奈川県にて
2015年4月撮影

ミニカバンへは埋もれていて人が通るだけで精一杯という荒れた道でしか行き着けず、杉を切り出して周囲を整理するようなことでも無ければ運び出される心配のない個体でした。
しかしながら、ミニカバンのコンディションは、神奈川の物差しではソコソコ良いと思えるところなのですが、鬱蒼とした木の下でジメジメしているのを加味してもドアが派手に壊れ過ぎていて、「ありゃりゃ」という言葉以外出てきません。

コメント:管理人

数が少なかったため「クラウンRS41ツアー2015」を中断してお送りした「神奈川の地力」はこれにて終了です。
次回更新より羽前の国へと戻ります。

コメント

>フーガさん

和歌山は海沿いなのに草ヒロ文化が根付いた地域のようで、旅雑誌のグラビアにその姿を見つけニヤリとしてしまいました。
廃道、廃村というと、勝手にハードルを上げてしまい550cc?と訝しんでしまうものですが、昭和から平成に移る頃に捨て去られたものだとすると年式的にはドンピシャなわけですが、もっと古いのを望んでしまうのでは酷でしょうか。

>通りすがりのおっさんさん

1年間ちゃんと売られた車なので、全く見ないというのはおかしいはずながら、ほとんど縁がないのが500ccの皆さんで、まだ見ぬ500も多く、ミニカ5もその1台です。


>魔洲魅丸さん

改良という面もあればコストダウンもあり、単純に新しいものが良い、また気にいるとは言い切れないのが難しい所です。

やまさがさんのサイトでもこのミニカが出ていました場所は那智勝浦町だかの林道(廃村に行く道にあるみたい)でしたね。

タイムリー

型式変更に因る「外見変更」
時として「退化」した様に見える事も多々有ります

5じゃなかった

もしミニカ5バンだったらある意味興奮ものです。
現役をよく見かけた頃、黄色いナンバー付けた丸ライトのこの形はぱっと見、5だか55だかわかりませんでしたので車名のシールやバッジで判断してました。もっとも5は少ないですが。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数