趣味人懇親会の草ヒロ巡りより(7)
ダットサン・ブルーバードバン
ダットサン・ブルーバードバン

日産自動車
ダットサン・ブルーバード1300バンデラックス

昭和42年8月登場(V510)
2015年1月撮影

昨日紹介をした個体とともに、ぶどう園のブルーバードバンを歩いてハシゴできるしあわせ。
今となっちゃ、世界広しといえど長野でも中々できることではありません。
ツアーの順序ではこちらからでしたが、ブログでは、これまでのセダンライトバンからの順で古いモデルを最後に持ってきました。
グリルのセンターに「D」のダットサンマークを持つお顔から、510ブルバード登場時のモデルになり、喧嘩ワイパーが雪の下にスッポリと隠れています。
物置や作業台になるとともに、ぶどう棚の支柱の土台にもなる大活躍のご様子です。
フロント部分は痛みが激しい部分もありますがフェンダーミラーが両方とも残り、雪にすこし参った感じに傾いでいますが頑張っています。

コメント:管理人
【2015/01/28 17:17】 | ライトバン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<趣味人懇親会の草ヒロ巡りより(7) | ホーム | 趣味人懇親会の草ヒロ巡りより(6)>>
コメント
>羽前の国の旧車狂さん

そのタイヤのお話では、新車時のタイヤが残る頃合いでは、物置になるには早すぎな気もします。
リアタイヤは無くても、しっかりと石の支えにのりシャンとしている姿から、オーナーの几帳面さも感じられ、タイヤの再利用するところなんかもイメージに合います。
【2015/02/03 09:46】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
VP510の最初期型ですね。此れだけなら単に珍しいですねですが、注目ポイントがリヤのタイヤが外されて居る事。

恐らく残溝が多いタイヤだったんでしょうね、次のモデルに転用したのでしょう。5.50-13サイズは結構多く採用されましたから。

残されて居るフロントタイヤはリボン幅から新車時のタイヤでしょうね。多分昨年のスカイラインエステートオーナーみたいに2本だけ新調したんじゃないでしょうか?
【2015/01/29 20:14】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2960-cd3a7817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |