趣味人懇親会の草ヒロ巡りより(4)
コンパーノトラック
コンパーノトラック

ダイハツ工業
ダイハツ・コンパーノトラック

昭和40年10月登場
長野県にて
2015年1月撮影

お待たせいたしました。
ミニキャブのお隣にいらっしゃいましたコンパーノトラックのお出番です。
コンパーノは、ライトバンから発してワゴン、2ドアセダン、2ドアコンバーチブル、4ドアセダンと着実にラインナップを増やし、最後にこのトラックモデルが追加されました。
管理人にとってちょうど4年ぶりの再訪問で、同じ1月だというのに道中の積雪は倍近くあり難渋しましたが、コンパーノトラックのためなら苦になりません!

コンパーノトラック

見た目が乗用車譲りで優美なだけではなく、運転席わまりもベルリーナのスタンダードに準じたシャレた造りです。

コンパーノトラックとミニキャブ営農のいる風景

森に囲まれたロケーションで、そのあいだの雪原を横切る足跡は小動物が残したものだけという、大変に閑静なところでした。

コンパーノトラック

最後の写真は、どうせなら年式が全く異なるミニキャブとは切り離したオンリーな写真を撮ろうと足掻いた1枚です。
大人の冗談ですが「5人も居ればミニキャブくらいどかせる(方法は過激ですが・・・)」というのを、平和的に行ったものですが、トラックらしさは薄まりイマイチです。

コメント:管理人
【2015/01/23 05:00】 | トラック | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<コンパーノベルリーナ~銀世界の長野より~2013如月Part2より | ホーム | 趣味人懇親会の草ヒロ巡りより(3)>>
コメント
>羽前の国の旧車狂さん

回転数計が無いくらいで、本当に乗用車そのものの運転席周りです。
写真だと明るく見える車内も、現地では雪空で薄暗く、ダッシュボードに取説らしきものがあるというのは写真で初めて気がついています。


>魔洲魅丸さん

ハイゼット、ニューライン、コンパーノ、ハイライン、Vシリーズと、積載量ごとにきめ細かくあり、トヨタの枠組みに入ったのが惜しいくらいのラインナップです。
【2015/01/24 21:52】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
大中小
これが大きくなると「V200」になるんですね
【2015/01/23 21:40】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
4年前と大きく変わらないとは流石長野コンディションですね。

 さて車内を見るとヒーターとラジオが有るので、デラックスに準じた作りです。

 それとダッシュボードの写真が有りますが、取扱説明書らしいものが見えます。もしかすると廃車証明書が入って居るかも! 過去にレストア個体でダッシュボードに書類がありレストアで役に立ちました。

 因みに私の車は自分の机の引き出しに厳重に(?)保管しています。整備記録、ガソリン含めた整備領収書、納税証明書、廃車寸前の頃自分が写った写真、マスターキーも入れて居ます。
【2015/01/23 20:15】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2955-83112a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |