雪でもい~な~伊那谷紀行(13)
スズライトバン360FE

本年もよろしくお願いいたします。

2014年の最後にポンと出したる運転席周りの写真からちょいと引いたアングル。
内張りが剥がれてあらわになったルーフからは、サビ落ちて開いた穴から光が差し込む車内。
物置とし使われていることが伺えますが、パーツ類は残っていました。
2本スポークハンドルの中心にはメーカーマークがありますが、見えますでしょうか?
勿体ぶったなりの正体は「続きを読む」よりどうぞ!
スズライトバン360FE
スズライトバン360FE
スズライトバン360FE

鈴木自動車工業
スズライトバン360FEデラックス

長野県伊那谷にて
2014年12月撮影

正体は、スズライトバン360FEでした。
こんな個体を自力で見つけられた世話無く、旧車趣味の先輩のオススメで訪問しました。

スズライトバン360FEは、前輪駆動車スズライト~スズライト・フロンテの流れから派生したもので、後発の後輪駆動車であるスズライト・キャリイとは違う流れの商用車になります。
こちらのモデルは、昭和38年後期のMCから昭和40年末にFE2型にMCされるまでの期間生産されたのですが、今日に残る実車が極めて少ないというのもあり、フロントグリルからローバー・ミニ風の「ミニ顔」という以外に適当な表現が出てこない馴染みの薄いモデルです。
ちなみに「ミニ顔」のバンは、この型になる前に半年あまり生産されたスズライトTL4型がありますが、リアのスタイルがまだ乗用車テイストで、FEになるに至りあそびのない箱型となりました。

スズライト・フロンテTLA(左)とFEA(右)

昭和37年スズライト・フロンテTLA(左)
昭和40年スズライト・フロンテFEA2型(右)

馴染みの薄さは、殿堂であるスズキ歴史館でも感じられ、「ミニ顔」のモデルの展示はなく(2013年7月の時点)、その前後のスズライト・フロンテが展示されています。

スズライトバン360FE 2型

バンでもFE2型はしっかりと展示があり、昭和44年にフロンテバンにバトンタッチするまで生産がされました。

1501010000.jpg
未知との遭遇
150101000.jpg

撮影中に後方へとまわっていると、少し開いたサイドウインドウから猫が飛び出て走り去りました。
カメラのファインダーを覗きこんでいて、猫が飛び出た瞬間は気づけず、物音と走り去る後ろ姿で初めて気が付きましたが、写真ではその瞬間をバッチリと捉えていました。
猫が突然の自宅への訪問に、えらく迷惑そうな表情を浮かべていますが、こちらにしてもまさかの猫小屋?スズライトバンでした。

コメント:管理人

【2015/01/01 17:01】 | 360 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<雪でもい~な~伊那谷紀行(14) | ホーム | 本年もありがとうございました。>>
コメント
>魔洲魅丸さん

例年に比べ積雪も多く、注意が必要ですね。
神奈川の南部でも小雪が舞い寒い年始でした。


>コロニーさん

今年もお願いいたします。

飯田のサンバーとボンゴまでも撤去されましたか。
南部まで足を伸ばすのは厳しく、今回の訪問では惜しくも見送りましたが、残念すぎます。
そこからさらに南の方山合にもスズライト360バンがあり、撤去間近?と思わせた周辺の工事からも生きながらえてまだ居るそうです。


>羽前の国の旧車狂さん

キャブライトの近辺は、草ヒロ探検隊の物差しでは、まだまだ発展性が見込めますが、羽前の国の旧車狂さんの物差しでは、確かに後はドライブになりそうです(笑)
夢は膨らませても、彼らもまだ雪の中で春を待っている身なので、春の声が聞こえたら、また夢を膨らませましょう。


>古厩さん

おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

4輪のホイールキャップが無いくらいで、本当に素晴らしい熟成加減です。
雪の風景もおつなものですが、雪で無茶をしてはならないというのは痛いくらいに体感しているので、春の温かな陽気のなかでも良いかもしれません。


>守護月天シャオリンさん

餌まで置いたら、まさしく猫小屋です。
大邸宅といった大きさのエスティマの大きな車体を持て余さないか心配をしてしまうくらいです。
【2015/01/04 17:01】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
ぬこにとっては良い住み家ですね 自分も過去解体屋を覗いた時にエスティマの廃車にぬこが住んでました。


おそらく解体屋が飼っていたのでしょうエサがありましたよ。
【2015/01/03 19:25】 URL | 守護月天シャオリン #-[ 編集] | page top↑
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

美しく熟成したスズライト、新年早々探索欲に駆られます。
ですが、伊那谷は雪が降ってしまいました!この姿は春までお預けですね。
【2015/01/02 02:15】 URL | 古厩 #TZmHyInk[ 編集] | page top↑
もうこちらには無い個体ですね。20年ほど前ですと、カバーが掛かった個体が市内にあり、5年前までだとボンネットを切り落とした個体がありました。

さて昨年の宿題のダットラ軍団の近くのキャブライトが気になります。後はRS41でのドライブ記録に終わりそうな予感ですが、O町の山奥に潰れた草ヒロがありそれが気になります。従弟(67歳)が所有する果樹園と聞いて居ますが。
【2015/01/01 23:06】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
今年もよろしくお願いします。
スズライトとは、早速の超大物ですね!
伊那谷にまだこのような超大物がいたとは驚きです。スズライトと言えば佐久にいる、顔がないものしか見たことがないので、この状態の良い個体が見られるとは羨ましいです。
数週間前に飯田へ探索に行ってきたのですが、以前探検隊さんも紹介されていた初代サンバーが撤去されてしまったのはご存知ですか?
近くにあったボンゴまで撤去されていて、そのサンバー目当てで探索に行ったようなものですから、とても残念でした。草ヒロの撤去が進む中、このスズライトのように新たな大物が見つかるのはとてもいいことですね。

それでは、これから宜しくお願いします。
【2015/01/01 22:51】 URL | コロニー #-[ 編集] | page top↑
新年早々に
長野県上田地域に大雪警報、注意報が発令されてます くれぐれも御注意ください
m(_ _)m
【2015/01/01 19:20】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
>草疲労さん

旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。

昨年のマイラーは、チヤホヤどころの騒ぎではなく業界に激震となりました。
年頭だから、大風呂敷をひろげたいところですが、言い逃げになりそうなので控えます。

こちらの個体、長野地域のドンガラの個体と同年式になります。
FEAはS市内の前例こそあるものの、本来なら博物館にあってしかるべきもの。それでも、草疲労さんが言葉に出せば、見つけ出してきそうな可能性を感じます。
【2015/01/01 18:47】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します!

去年の後半から、草ヒロ活動が尻すぼみになっておりましたが、今年はまず2月ころに第1回目の探索を予定しています。

探せばまだまだ出るかの伊那谷周辺ですが、スズライトバンも2014年現在何台か確認できる個体がいるみたいですね。

いつだったか長野地域で紹介されていたガラの個体の完全版がこの顔のモデルでしょうか?
さすがにFEAは落ちてないか(笑)

さて今年は草ヒロで如何に貢献していけるか分かりませんが、マイラー級の個体を必ず1台は引っ掛けて皆さまにチヤホヤしていただこうと考えております(笑)

何卒よろしくお願いいたします。
【2015/01/01 18:05】 URL | 草疲労 #-[ 編集] | page top↑
>ナトリフミノリさん

あらためまして、本年もよろしくお願い致します。

スズライトの美しさの感動で押さず、オチとして猫に逃げました。
動物草ヒロは、吠えないイヌや追いかけてこないイノシシなら歓迎です。
【2015/01/01 17:41】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
今年もよろしくお願い致します。
管理人さま、
鈴木B360さま
今年も草ヒロ探検隊さまのサイトを楽しみにしております。

スズライトバンというのもすごいですが、
そんな大物の中にねこさんが住んでいるというのもすごいです。
私も今年はこういう「動物草ヒロ」を撮影してみたいです。
【2015/01/01 17:26】 URL | ナトリフミノリ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2937-24e54cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |