雪でもい~な~伊那谷紀行(4)
いすゞBY30/BY31

用水路沿いでラルゴバン~アルト~R-2を見つけ、近くへと車をまわしていると、交差点を曲がるなり車が止まり鈴木B360がチョイと声を上げたので、「なになに?」と伺ってみると、納屋にスッポリとおさまったバスのお尻が見えました。
管理人は瞬時に「いすゞライトバス!」と声を上げて車を降りて行ったのですが・・・。

いすゞBY30/BY31
いすゞBY30/BY31

いすゞ自動車
いすゞBY31

長野県伊那谷にて
2014年12月撮影

メーカーは間違ってはいませんでしたが、ライトバスではなくバスのBYでした。
リアに羅列された数字は、当初はライトバスに幻惑されていて気にも留めませんでしたが、側面を見て元は伊那バスの所有であったことで、社番から昭和50年に導入された個体であるようです。
BYを覆うために大きすぎる軒先になっていて、そのまま軒下に棚でも置いて物置にしてしまえばと身も蓋もないことを考えてしまうくらい、恵まれた屋根付き保管でした。
以下で、管理人のマイクロバス願望が先走ってミスをした2台のリアの違いを示しますと・・・

いすゞBY30/BY31

いすゞBY

いすゞライトバス

いすゞライトバス

箱の大きさとしてライトバスよりBYの方がひとまわり大きいところから違いますが、レンズ類やフードのパーツで見れば似ていてる部分もあります。
けれども、配置は異なるため、その違いの記憶が曖昧過ぎたのが管理人のミスリードの元となりました。

コメント:管理人
【2014/12/18 19:47】 | バス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雪でもい~な~伊那谷紀行(5) | ホーム | 雪でもい~な~伊那谷紀行(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2923-cabb3e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |