FC2ブログ

涼をもとめて高原へ(22)

カローラ II

トヨタ自動車
カローラ II

群馬県にて
2012年8月鈴木B360撮影

カローラ II

2014年7月撮影

サニーバンは居なくなってしまいましたが、こちらのカローラIIは残っていました。
100年以上を数える日本の自動車の歴史からすれば旧車とカテゴライズできない年式で、ひと昔前に550cc世代を指して「あと10年、20年寝かせればいい頃合い」と言っていたものが、それを待つまでもなく自動車趣味として多くの人を惹きつけているのを思えば、探検隊でも鈴木B360が初撮影してから2年寝かせて熟成させたので、出してもいい頃合いでしょう(笑)
外観は少し前に現役を退いたように見えますが、車検ステッカーは平成12年で時を止めていて、この世代には珍しいことに草ヒロの歴史のほうが長くなっていました。

コメント:管理人

明日の更新お休みします。
また、コメントへの返信を明後日までお待ちください。

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

レースカバーから、それなりのお歳の方が乗られていたと思います。
平成2年登場ですから、極端に短いという現役時代ではありませんし、地域柄長めの距離を走ったことでしょう。
それにしては、まあ何というか、10年以上放ってあるのに状態が良さげに見えてしまうのは何故でしょうか。


>魔洲魅丸さん

ニャニャニャ~ン


>守護月天シャオリンさん

スタックしたのが、ターボに乗っていた社会科のカローラⅡならば、男性やチョイスした車からも素通りもアリなところですが、うら若き女性教師ならば、男子生徒が群がって助けだされたことでしょう。

高校の時若き女性の先生と男性の先生が乗ってました。



高校に3台あって家庭科の女の先生がライムのAT 国語の女の先生がウィンディのAT 社会科の男性の先生がターボモデルのMTでした。



国語の先生が冬スタックしてたので助けてあければ良かったな・・・

ゴロニャン

ニャ~ン

 悔しいけど、このカローラⅡより長く現役を貫きましたが、程度はかなり私の車が良くないです(苦笑)確か平成3年以降の登場ですから(ハッキリしませんが)私のクラウンと同期ですし、当時此のカローラⅡの2台分買える価格が私のクラウンでした。

 平成12年はクラウンを購入して2年ほどでしたし、バリバリ走らせて居た頃でした。其れこそ翌年までは、本当に365日エンジンが回らない日が有りませんでした。

 レースカバー付きが泣かせますね。私の車も付いて居ましたが、廃車時にお婆ちゃんが縫い物の材料にしたいと云う事で外しました。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数