涼をもとめて高原へ(3)


プリンス自動車工業
プリンス・グロリアデラックス(S40D-1)

長野県にて
2014年7月撮影

以前に紹介をした際に、羽前の国の旧車狂さんよりコメントで「1963年式のS40D-1の可能性濃厚」と言われた、草を生やして温室となっているのはモッタイナイ、プリンス・グロリア夏のお姿です。
ドアが閉まっているというのに侵入をして車内を席巻し尽くした草は、その勢い衰えること無くフロントガラスを固定するゴムの隙間からニョキリ、ニョキリと温室を抜けだしやりたい放題で、目に見えないフロアなどは外観の想像以上に傷んでいそうです。

コメント:管理人
【2014/08/01 20:58】 | セダン | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<涼をもとめて高原へ(4) | ホーム | 涼をもとめて高原へ(2)>>
コメント
>魔洲魅丸さん

年老いてなおダンディさを失わなず、大御所のような風格がただよいます。


>羽前の国の旧車狂さん

助手席からサラリと拝んできましたのでサイドを失念しました。
冬の様子からある程度は想像できましたが、実際に温室状態になっているのを見ると、すさまじいの一言に尽きます。
【2014/08/04 21:32】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
そうでしたね、奥まった所にあるから年式確認は出来ない話でしたね。

 使えるのはガラス類、モールの一部とフロントグリルと云った所でしょうね。内装部品は絶望的でしょう。
【2014/08/02 22:02】 URL | 羽前の国の旧車狂 #-[ 編集] | page top↑
日焼け
塗装が剥けて「日焼け」ひた用な赤錆がニヒルに見える「グロちゃん」ですね
【2014/08/01 23:09】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2841-fbc9f9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |