FC2ブログ
草ヒロ探検隊研修旅行より(4)
一挙にボンゴ祭りと思っていましたが、まずは1台とオマケです。
ボンゴよりもオマケの方に力を注いでしまい力及びませんでした。

ボンゴマルチバン

管理人が道路から少し離れた箱を撮影している間に、車の中で待っていた鈴木B360が緑の木々の奥にもう1台を見つけてくれていまして、何の事やら確認をしてみるとボンゴ的なお尻が見え、やっとこさ車に戻ってきたといのにすぐに「いってらっしゃい(笑顔)」と相成りました。

ボンゴマルチバン
ボンゴマルチバン

東洋工業
ボンゴマルチバン850キロ積(BA2)

長野県佐久地域にて
2014年5月撮影

木々の切れ目を入って川を越えると、緑のボディに洒落っ気ある赤と青のストライプが走るボンゴが、物がゴチャゴチャと集まっている中心に島のように浮いていました。
全体的に苔むして緑をさらに深めているボディーは、2枚の鉄板を継いで形成された屋根を見てみると後方の鉄板だけがくっきりと錆びています!
板金塗装をしたであろう部分が、浮いた感じに錆びているのを草ヒロで見かけることがありますが、それをやってなさそうなところがこれほどまでに分かり易い差が出ているのは、元の鉄板は一緒だろうと思うので製造工程でのクオリティの違いからでしょうか。
いずれにしても、錆びるなら屋根全体がコンガリといくところがこの姿なので、何だろナと目を引きました。

続きましてのおまけは、スーパーカブに乗ったことしか無い原付きど素人の管理人が、自動車ガイドブックでほとんど目を通さない二輪車ページで調べました。
なので、間違っていたらスミマセン・・・。

スズキユーディーミニ

鈴木自動車工業
スズキ・ユーディミニ(FY50)


緑のボンゴの近くに埋もれいた緑の原付。
同じ緑というのが面白く、これを絡めずに紹介しない手はないと「誰さん」なのかを調べてみると、ボンゴを見ていた同じ1979年のガイドブックから、これかな?という1台を見つけ出せました。
CMキャラクターに森昌子さんを据えて、昌子のバイクとして女性をターゲットに売られていたモデルなので、ご婦人が乗られていたのでしょう。
一方のボンゴは、山城新伍さんがキャラクターを務めていたのもあって、オヤジが運転していたのだろうというイメージです。
生産時期がほぼ同なので、2台のどちらが先で、緑を主導したのは夫婦のどちらなのか、少し気になりました。
ちなみに、探検隊のふたりでは、おもに女性陣がカラーの主導権を握っていたりします。

コメント:管理人
【2014/06/19 23:26】 | バン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<管理人のお散歩日記~今回は草ヒロがあります! | ホーム | 草ヒロはお休みして護衛艦ネタ>>
コメント
>105さん

エンジンが回って後輪がいくら押してこようとも、それを操るには心もとなさそうな自転車みたいなハンドルをしていて、下りでスピードに乗ったとしても、怖くて出せないと思います。

ヘッドライトが特徴的な場所にあったので絞り込みができ、その後はフレームの形で合わせることができました。そもそも、最初に見ていた自動車ガイドブックをながらで見たのが、二輪車素人があっちこっちへとこじらせずに済ませてくれた一番のところでした。


>シャオさん

トラックでは辛うじて現役を見かけたことのあるところですが、ワゴンやバンは草ヒロだけですね。
一昔前までは、知り合いから借りてきた車で旅行なんて話がありましたが、レンタカーが便利になったのか、オーナー心理の変化なのか、全く聞かなくなり、聞いても軽トラを数時間くらいが良いとこになりました。


>井上ロボさん

帰り際に数秒眺めて撮っとこうと決めた時には、どこのだれかも気にはならないものの、紹介するにあたり調べもせず知らないとは書けないので、ネタにするための義務的に調べたら、フロント部分の特徴的な部分がしっかりと合致したので、今回はしっかりと正体を明かしてあげられました。
しかしながら、二輪車単独で埋まっている光景では、自分では正体解明に至らない物のほうが多いです。


>フーガさん

だとすると、カラーはもちろんグリーンでしょうか?


>魔洲魅丸さん

軽快さが歓迎されたのか、父親の宮城の実家に帰ると、処分していなければ納屋に残っていますし、近所で自転車みたいな原付が走っていたのは、10ウン年にはよく見かけたものです。
ボンゴ祭りを予定していた個体の中で「茶」は居らず「赤」ばかりですが、その「赤」も光線の具合によっては「茶」に見えなくないのもあります。

グロリアは、起こしてからすぐに譲渡とは、得をしたか、損をしたか分からないというところ心中複雑ですね。
本人が両親価格と言い、初老夫婦を見込んで旅立せたグロリアは、あこがれの車を手にした新オーナーのもとで幸せに乗ってもらえると良いですね。
【2014/06/26 18:47】 URL | 管理人 #-[ 編集] | page top↑
ゲタ代わり
50ccバイクは「スーパーカブ」が独壇場だった時代の「風雲児」のファミリーバイク達 ボンゴのワゴンモデルは「茶色」のイメージが強い 先月、起こしたグロリア 「どうしても」と拝み倒されて売却しました 初老の夫婦が若い頃「いつかは」と夢見て、がむしゃらに働き手に入れる事が出来たのは「2000E SGL」だったそうです その話と熱意に「負け」良心価格(65万円)で譲りました 得したのか、損したのか判断に迷います
【2014/06/20 21:54】 URL | 魔洲魅丸 #-[ 編集] | page top↑
おっ?
このボンゴ・・・近所の茶畑に倉庫となってますたね。
【2014/06/20 20:42】 URL | フーガ #43mdhuVM[ 編集] | page top↑
ユーディミニは地味に珍しいですね、
カタログ持ってます。
この頃の原動機付2輪は同じようなデザインが多いから草むらの中にあると分かりにくいですね(汗) 
まぁそれが草ヒロなのですが(笑)
2代目ボンゴはレアな部類に入ると思いますが佐久地域には多い気がしますね、もう3,4台見つけてます。
【2014/06/20 19:06】 URL | 井上ロボ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは、懐かしいボンゴですね。


30年前ぐらい前に知り合いのラーメン屋さんが8人乗りのタイプを乗っていて旅行で親が借りてきて長野まで行ったの覚えてます・・・・





近くの農家でもこのトラックが活躍してたの覚えています。
【2014/06/20 18:55】 URL | シャオ #-[ 編集] | page top↑
今から30年ほど昔の話ですが僕の父はヤマハのXJ400Dと、このユーディーミニに乗っていたらしいです。

30キロ出すのが精一杯だったとか言っていました。

この年代のソフトバイクは判別が難しいですね…

パッと見ロードパルやマリックかなーと思いました(笑)
【2014/06/20 00:25】 URL | 105 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusahiroexploration.blog107.fc2.com/tb.php/2801-cb687aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |