草ヒロ探検隊研修旅行より(3)

キャブオールマイクロバス
キャブオールマイクロバス
キャブオールマイクロバス

日産自動車
ニッサン・キャブオールマイクロバス(KC240)

長野県佐久地域にて
2014年5月撮影

こちらのキャブオール、窓は引き違いで開閉可能、車内には座席シートが並んでいて、車体寸法こそ小型自動車の枠内に収まっていますが、14人乗りのマイクロバスになります。
定員15人前後のマイクロバスは、トヨタ、ダイハツ、いすゞと、日産からはホーミーもありましたが、中でもトヨタのハイエースコミューターが群を抜いており、今日に残る草ヒロでもおなじみです。
キャブオールマイクロバスについては、探検隊で6年ぶり2台目という激レアな様相を呈していますが、トミカがモデル化しているので、ミニカーファンをはじめ、そちらの方が馴染み深いと思います。

こちらの個体、ヘッドライトが少し見えるくらいしかお顔が見えず、グリルがどうなっているのか全く分からない状態ですが、小ぶりなサイドマーカーが確認できるので、昭和46年頃に大型化されるまでのモデルであろうと推測ができます。

コメント:管理人

コメント

>魔洲魅丸さん

トラックはまだ見たことがありますが、バンやマイクロといった箱のキャブオールとなると「どうしてキャブオールを選んだのですか?」というくらいに居ません。
E20キャラバンはザクザクといるのに、この差はなんでしょう。


>ナトリフミノリさん

自分もジュースを積んだキャブオールのルートトラックで遊んでいたくちですが、ボロボロになっていますが、ハイエースのトヨタ救急車と赤いブルーバードと一緒に飾ってあります。
自動車趣味に目覚める前に、整理をして残すものと処分をするものと分けたのですが、しっかりと残してありました。
再生産や再モデル化は強く期待をするところですが、前期顔と後期顔とトラック、バンをすでに網羅しているため、再モデル化は近いようで遠い気がします。

トミカ

幼少の頃、警察用キャブオールのトミカを持っていました。お気に入りの一台でした。あのキャブオールのトミカ、どこへ行ったのでしょうね?(知らない間に行方不明になっていました。)
キャブオールのトミカ、今になって欲しいです。再生産は無理だろうなあ~

こりゃまた

「未知との遭遇」並のキャブオールですね 事故処理車等の「公用車」でも数少ないから、民間では皆無に等しかったでしょう
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数