FC2ブログ

奥の細道を行く(18)

カローラバン
カローラバン
カローラバン
カローラバン

トヨタ自動車工業
カローラバンデラックス
(1400・H-TE36V/1200・H-KE36V)
羽前の国にて
2014年4月撮影

さくらんぼの果樹園で物置になっていたのは3代目カローラバンでした。
新幹線の車窓では、那須あたりまで桜前線が北上していましたが、
少し走れば雪が多く残る羽前の国では、蕾は固く閉じられて春まだ遠しという感でした。

こちらのお顔の3代目カローラバンの昭和53年MCの最終モデルともなると、
グリルで判別ができたそれまでのモデルとは異なり1200も1400も同じ顔をしています。
左テール脇の排気量バッチだけが頼りの綱なのですが、バッチ類は全て外されていました。
なので、どちらなのかを外観のみでは突き詰めることはできません。
バッチ類を見た後に、テールとバンパーのランプがごっそりと取り外されているのを見て、
羽前の国の旧車狂さんに「部品取りですかね?」と尋ねてみると、
「農家自らが中の電球目当てにバラしている」と答えられまして、
部品取りならヘッドライトを放って置くはずはないものね、とナルホドと思いました。

コメント:管理人

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

車好きのオーナーであるなら、グリルから外されたバッチなどは記念にとってあるのかもしれませんね。
買ってもそんなに値段はしない電球ですが、取り出せばまだ使えるものが目の前にあるならば取らない手はないですね。

 取材から3週間後かな?此処を別件で訪れるとオーナーらしい農家のオッチャンが居て、我がクラウンをニコニコ顔で見て居ました。恐らく車好きは確かです。

 部品取りは多分無いとは思いますね。

 私のクラウンも電球は全て抜きまして、もう既に手放した女子会のメンバーの車に入れました。(Y30にも使いましたよ)
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数