奥の細道を行く(17)

ダットサントラック

コロナカローラを見終わると、
潰れているけれどダットサントラックがあるというお話が少し歯切れ悪くあり、
年式から「それは、見てみたいです。」と軽く言ってしまい、
RSクラウンが元気よく走ること数分で一気に雪景色の中に到着しました。

ダットサントラック
ダットサントラック

日産自動車
ダットサントラックデラックス
520か521か失念
羽前の国にて
2014年4月撮影

雪がほぼ無い平地から沢へと入っていって数分でこの有り様でした。
道路には雪がないので快調に進んでいきましたが、
クラウンから降りてみた風景に「やらかした!」と嘆息したのは言うまでもありません。
そして、歯切れが少し悪かった理由が十二分に理解出来ました。

ダットサンは道路から一段低い所にあり、
傍らにできた水たまりから雪解けは進んでいる様子でしたが、
道路から避けた雪が溜まるためか周りより多い雪に覆われていました。
ルーフが潰れていたり、荷台が左側にひん曲がっているのは、
雪深いだけでなく、雪溜まりになっているところが大きいようです。

ちなみに520系なのですが、2灯の520なのか4灯の521なのかは、
話を聞いたのに、すぽんと抜け落ちていてメモにも無く失念しています。

記事にして見切りで出しましたが、案内人の羽前の国の旧車狂さんのフォロー待ちです。

5月13日追記
羽前の国の旧車狂さんよりフォローを頂き、
この個体は昭和43年式の521のデラックスになります。

コメント:管理人

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

フォローありがとうございます。
コメントを頂いてから遅くなりましたが、さきほどフォロー内容を追記いたしました。
雪の量を見てすぐにフロントの状態を覚悟しましたが、ただの雪溜まりでした。


>山形の若者さん

はじめまして。
よくぞたどり着いて下さいました。
雪が無くなった姿をご覧になったというのに、調べたものがかえって雪だるま状態であっては、どこまでお役にたてたことでしょうか。
これからもご愛読のほどよろしくお願いします。

はじめまして。昨日釣りの帰りにこの車両を発見しました。なんの車か気になり調べてたいたらこのサイトにたどり着きました。これから愛読させていただきたいと思います。

 ダットサントラック521の昭和43年式です。グレードはデラックスです。

 まさかこれだけ雪が残って居るとは・・・・。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数