草ヒロ探検隊研修旅行より(1)

コニー360ライトバン

国道から見えた沢へと入っていって、集落を抜けきった右カーブを走っていると、
突如として右上方にコニーが姿を現し、軽いパニックに陥りました。

コニー360ライトバン
コニー360ライトバン
コニー360ライトバン

愛知機械工業
コニー360ライトバンスーパーデラックス(AF7VHD)

長野県佐久地域にて
2014年5月撮影

遠くに見つけて近づいて行って徐々に正体を判明させて気持ちを高ぶらせていくパターンと違い、
予期せぬ大物が目の前に突然現れられると反応できなくなるものです。
このコニーは、何枚かの写真を見たことがあったもので、
一度見てみたいものだねぇと思っていたので、喜びもひとしおです。
こちらのコニー、デラックスでしょうねとフツーに眺めていたら、
金色のエンブレムと大きなヘッドレストが仰々しい姿のスーパーデラックスでした。
自動車ガイドブックには、淡いブルーの熱線吸収ガラスに包まれた、
とあるガラスは見る影もなく全て無くなり、バンパーがなく締りのないトボケ顔になり、
残ったメッキハーフキャップはくすんだ感じになっていましたが、
なお残るパーツの数々が、最上級グレードだということを物語っています。

コメント:管理人

コメント

>コロニーさん

何台かいる姿を見てみたい個体の一つでしたが、佐久地域終盤でまさかの遭遇でした。
上田の初期顔から始まり、まだまだまだ・・・いそうな雰囲気がします。
探検隊でも目標とする個体は数多く居るのですが、道のチョイスに成長が見られず、何度訪れてもハマり込む場所が多すぎて、裏を書いたら書いたで全く無縁な場所へといく始末で、人様の見つけた個体を探すことほど難しいことはありません。


>魔洲魅丸さん

愛知機械工業は、コニーなきあとにサニーキャブやバネットなどの生産に携わったので、バネットなんかを丁寧に見続けたポイントでこういったコニーを見つけている!と思っています。
日産がこの先出す軽自動車でコニーの名が復活すれば嬉しいのですが、はてさて。


>井上ロボさん

キャノンのEOS6Dと7Dの二台体制ですが、そろそろ7Dが退役な頃合いです。
本体よりかはレンズが肝要で、遠くの草ヒロようにお安い方の70-300と、手近な撮影用に24-105で運用をしていて、ここら辺の使い勝手はニコンが優っているように感じます。


>古厩さん

ガラスが全て無いのが嘘のようなコンディションで、物置にする際に割れるのを嫌って取り外したのも考えられます。
バンパーは、コニー以外にも流用可能なのか各所ではずされた個体を見てきました。
こちらの個体は、フロントの中央部がおちょぼ口のように凹んでいて、愛嬌あるトボケ顔になっていましたが、バンパーがなくとも違和感は感じず、そういえば無いくらいに気が付きました。


>105さん

贅沢を言えば、まさに置こうとするところをレポートしたいという究極の地点があります。
某所のコニーも、ライトは無くても丁寧に外されているので悲壮感は無く、しっかりと地に根付いていて風格がある佇まいです。

こちらのコニーは部品の欠落が若干目立ちますが、塗装がピカピカでいいですね。某所のコニーもヘッドライトが残っている時代に写真が撮れたらよかったな…と思いますが贅沢ですかね(笑)

ガラスが欠損しているのは残念ですが、とても美しい個体ですね。
バンパーが無くなるとスッキリして、より魅力的に見えます。

自動車とは全く関係ないのですが、
写真機は何を使っているのですか?
ブログを見るたびにまず、写真に目が行ってしまいます(笑)
去年、ようやく自分のカメラを持ち始めたのでとても興味があります。

時を経て

愛知機工のコニー
日産に吸収され、車としては後継車が無い そして三菱とタッグを組んで「DAYZ」を出す コンセプトは三菱だけど、取り敢えずはコニーの面目を保ちました

こんばんは

おお!新発見のコニーですか!凄いですねぇ!
上田にはAF7Vが2台いますが、佐久にもAF7Vがいたとは・・・、上田・佐久盆地は塩尻に次ぐコニー密集地帯かも知れませんね。
上田にあるというマスターとともに、上田・佐久盆地における今後の目標個体がまた増えました(笑)。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数