奥の細道を行く(12)

コロナ クリッパー クラウン

豪華なスリーショット。
これらの年式の車が解体屋に続々と入っていた時代には普通の風景ですが、
それが21世紀に残っているのですから、改めて凄いところだと感じます。

コロナ

トヨタ自動車工業
トヨペット・コロナデラックス(RT40-D)


まずは、昭和42年MCの3代目コロナさんです。
居並ぶ面々は緩衝材のミラ・パルコを境にしてサビ具合が急にひどくなっていて、
コロナはフロント周りこそキリっとした表情をしているものの、
ルーフ以外はサビにまみれて穴が開き放題のありさまで、
左フロントドアは外板が首の皮一枚でつながっているような具合です。

クラウンvsコロナマーク2

トヨタ自動車工業
クラウンスタンダード(RS50)
【上】
トヨタ自動車工業
コロナマークII
【下】

石切り場の跡地を利用してできた置き場なので敷地は広く、
手間をかけてまで車の上に車を積む必要はないはずなのですが、なーぜか積まれてしまっています。
で、コロナマークIIにクラウンなんか載せちゃったもんだから下にされた方は苦しげで、
上のクラウンは身を乗り出してその表情を見ようとしている格闘技選手のように見え、
加えて、クラウンから流れ出る毒液攻撃(単に長年にわたって水が滴り落ちただけですが)で
コロナマークIIのボンネットフードは穴が開くほどのダメージを受けてしまっています。

クラウンは昭和44年MCの3代目後期型で、珍しいスタンダード。
そしてコロナマークIIは昭和46年MCの初代後期型と見られます。

ニッサン・クリッパー

日産自動車
ニッサン・クリッパー


トヨタ勢に囲まれていたのはニッサンのクリッパーです。
プリンス時代からのスタイルを受け継いでいるモデルですが、
こちらはニッサンでも末期のスイッチのようなバッチとサイドマーカーが付いたものです。
破れたフロントガラスをシートで覆っていたようですが剥がれてしまい用を成しませんが、
シートの重しに置いたであろうタイヤはジワリジワリと脳天唐竹割りをかけ続けています。

コメント:管理人

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

コロナマークIIが限界~と潰れて、クラウンがズレ落ちて、ベレットが下敷きに。
いざ事あらば、悲劇は連鎖的で、ショックは大きいです。
遠目で見ると分かりやすい不安定なシーソーに、のる人など居ないとは思いますが、たかだか50キロ以上でも、サビてもろくなった車体には致命傷でしょうから、試みる人がいれば・・・。わざわざ書かずとも結果は分かります。


>フーガさん

部分だけではなく、全体で見渡すと何となく置いたコンセプトは見えてくるのですが、ここまで荒廃すると放ったらかし感から無造作感が付いてきます。
現役たという個体は、オールペンをして維持する気合を感じますし、農作業には使わないところで、古い車との付き合い方を考えているのだなと感じます。

>魔洲魅丸さん

十文字キックとは上手い!
拍手喝采声援を送りたいバトルも、時間の経過でデスバトルの様相を呈していて、そろそろレフェリーストップでしょうか。


>井上ロボさん

60年代を感じる博物館とは言い得て妙な言葉で、ズラリと並んだ姿に感動を覚えたのですが、コロナの写真左端に写り込んだPARCO Sが現実に引き戻してくれます。
ホンダのクーペは、コメント返信の前に出してしまいましたが、期待していたかもしれないフロントの写真は撮れませんでした。

凄いですね(汗)
こんなところあるんだ!
なんてパソコンの前で言ってしまいました(笑)
さりげなく写ってるホンダの某クーペが気になります♪
クラウンスタンダードに丸いクリッパー、3代目コロナと
60年代の日常が見れるちょっとした博物館ですね。

何なんだここは一昔前の車が無造作にありやがる・・・・・・。クリッパーは地元で未だに現役で走っていますね。ペイントし直したみたいでダークグリーンに変えております。(但し農作業には使わないらしいです)

 何度か古い写真(と云っても平成24年の11月頃)と比べましたが、気のせいかも知れませんが、クラウンの屋根が凹んで居るのが気になります。

 撮影位置から考えてあれだけ遠くから撮影したのにこれだけクッキリは隣のべレッドのフェンダーとも関係が有りそうで、下手すると、ベレットを踏み台にクラウンの屋根に上って、ググッと傾いて慌ててべレッドに戻ってその時潰した??

 そんな推理をしています。OTの102号103号に紹介された宮城の大物解体屋でも、以前何十年と積み重ねた車の屋根に上がったら50センチいきなり沈んだと云う報告があり、屋根の位置を考えるとこの推理がまんざらでもないと思いました。

 丁度フレームが当たらないモノコック部分にタイヤが噛んでおり、そこが朽ちたのかも知れません。

バトル ロイヤル

トヨタ維新軍に斬り込んで行く「日産のプリンス」必殺技の「十文字キック」が効いてます

何となくですが、クラウンRS50の傾きが年々酷くなって居る気がします。最終的にベレットの上に落っこちるのでは??
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数