FC2ブログ

聖地探索2012(75)

ファミリアプレスト
ファミリアプレスト
ファミリアプレスト

東洋工業
マツダ・ファミリアプレスト4ドア
(1300・FA3TS/1000・FA3PS)
長野県上田地域にて
2012年4月撮影

予告をしていたのは、このファミリアプレストでした。
昭和48年9月に、ボディーサイズをアップして角目から丸目へ変身を遂げたプレスト。
2代目から3代目にモデルチェンジとなったビッグマイナーですが、
ボディーの雰囲気はほとんど変わらず、代替わりではなくMCとする資料が大半ですが、
マツダがHPで公式にアナウンスしている3代目プレストであるので、それにならいました。
ロータリーモデルを廃止して、排ガス規制時代を迎える大きな区切りであったからでしょか?

こちらの個体は、鉄板の状態がだいぶ悪くグサグサになってはいますが、
農薬による劇的なサビではなく、時間をかけて進んできたサビの結果のようで、
パーツ類の多くはボディーから離れず踏ん張っています。
ライトやバンパーは生き生きとしているのに、
錆びやすい部分の鉄板は穴が開くくらい進んでいて、
ドアノブは使用に耐えられず抜けてしまっていたり、
グレードを示すバッチは、フェンダーとトランクの物がともにありません。

ファミリア

その後が気になっていたので、2013年11月に再び訪れて見ると、
現存は確認できましたが、辺り一帯が草に覆われていてアクセス不能でした。

コメント:管理人

コメント

>羽前の国の旧車狂さん

ファミリアの先に小さなお堂があって、そこへの道も兼ねていた様子なのですが、メインの道ではなかったようで、畑とともに人の手が入らなくなったようです。


>105さん

11月ではまだ草の勢いがありますが、雪解けを迎えた春に行ってみれば、もう少しマイルドになっているかもしれません。


>ナトリフミノリさん

人の手が入らなくなることで、1年少しでこんなにも大きく変化をしてしまうのか驚いたところです。
ファミリアと梅の木は、畑で同じ時を刻んできたと見える近さで、ともに人の手が入らなくなることで、これからどうなっていくのでしょう。

耕作放棄地・・・。さみしいものですね。
日本農業(農家の高齢化)を象徴しています。
せっかくきれいな花を咲かす梅の木がファミリアの隣にあるのに・・・。(良い絵になっていたのに)
このまま梅の木は生長し、ファミリアはゆっくりと土に還って行くのでしょう。

この車体の全貌が見れて嬉しいです!
2012年までは近くまで行けたのですね…(笑)

 恐らく2012年を最後に耕作放棄をした土地ですね。高齢化の波でしょう。

 通常の農家ですとこの様な荒し方はしません。私だったら此処までやる事は有っても、そろそろ草刈をしますね。

 となると耕作放棄となるし、場合によっては地主が亡くなり誰も跡を継がないのでしょう。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数