恒例の塩尻探索プラス2012(44)

サンバートライとMAXクオーレ
サンバートライとMAXクオーレ

スーパーロングなハイエースよりさらに上って行くと、
用水路に跨って2台の白い550が並んでいました。

MAXクオーレバン
MAXクオーレバン

ダイハツ工業
MAXクオーレバンデラックス(J-L40V)

長野県松本地域にて
2012年3月撮影

昭和45年に登場した360ccのフェローMAXバン(L38V)から、
バンパーでカサ増ししただけのフェローMAX550バン(H-L40V)を経て、
昭和52年7月にデビューをした新規格対応のMAXクオーレバン(H-L40V・前期/J-L40V・後期)。
昭和55年にボンバンブームにのっかってミラクオーレがFMCで登場するまで、
MCと名称変更だけで10年に渡って造られ続けたスタイルで、
長く造られた割には、ボンバンブームの夜明け前のモデルであったためか、
草ヒロでもあまり数を見かけないというのも手伝っていますが、
パッと見ただけではどの頃のモデルなのかイメージがイマイチハッキリしません。

自動車ガイドブックでハッキリとさせたところでは、
昭和54年にMCを受けたMAXクオーレ後期型でした。


サンバートライ
サンバートライ

富士重工業
サンバートライ4WDハイルーフTX(M-KR2)

長野県松本地域にて
2012年3月撮影

毎度お馴染みすぎるサンバートライです。
MAXクオーレバンから数年後のモデルであるので、
買い替えではなく4WD欲しさの増車でしょうか。
日焼けを嫌う何かを収納していたのか、
トライの後ろに建っている小さな納屋を塗ったペンキで、
窓ガラス部分だけを塗られてしまっています。

コメント:管理人

これぞという個体に到達する前にタイムアップです。
午前中にお知らせしたようには集中できず、
フラッとカメラ片手に散歩などにもでかけたため、3記事9台で打ち止めです。
この反動で、明日の草ヒロ記事はお休みいたします。

コメント

>魔洲魅丸さん

サンバーはまだ後ろへと出られそうですが、MAXはアゴを擦るくらい埋まってしまって、ウィンチくらいじゃ引っ張り出せそうにありません。


>草疲労さん

面白いことに、MAXクオーレで真っ先に思いついた諏訪の1台も、ここまでベッタリではありませんが、サンバートライと一緒に草ヒロしていました。

メジャーな1台と地味~な1台。

クオーレは今まで3台見つけた事がありましたが、1台は消えてしまいました。

不時着?

見事に谷間にハマってるサンバー&MAX 脱出は如何に!
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数