FC2ブログ

恒例の塩尻探索プラス2012(37)

ボンゴ

国道の交差点に出てきて、右へ行くのか左へ行くのかという当初の目的が
どーんと遥か彼方へ飛んでいってしまうような悩ましいボンゴは健在でした。


ボンゴ
ボンゴ

東洋工業
マツダ・ボンゴバンデラックス(FSAV)

長野県松本地域にて
2012年3月撮影

草がサッパリとしていてフロントが綺麗にのぞめたので直下から見上げてみると、
バンパーに寄った歪みやサビ加減とお目々が、怒って口元を強く結んで見られているように見え、
ライト周りがしっかりとしている個体で、目と目が会って怖いと感じた個体は初めてです。

ボンゴ

2012年3月のシブい後ろ姿

ボンゴ

2006年9月の緑に囲まれた後ろ姿

後ろ姿は、国道の歩道から見下ろすことができます。
フロント側から見た時に感じる、走りだしてきて落ちてきそうという印象とは違い、
後ろから見るとボディーの大半はしっかりと地面に根付いていて、
後ろ姿の先に見える看板の物置が置いてあるよりも安定感がありそうです。

コメント:管理人

コメント

>R117さん

古い街道のご縁か、確かに草ヒロは多いですね。通り過ぎるのみであまり時間を費やしたことはなく、終盤に時間に追われる時が多っかたですが、お話を伺うとじっくりとやってみたいものです。
工業団地のVB10は、以前に紹介を頂いて見に行き、撤去?と勘違いをしていたので、次の機会に見に行きたいと思います。

この連載で紹介されている地域は台数も多く、大物個体も多いので何回行っても楽しむことができますね。ちなみに私のお気に入りは工業団地に残されたB10サニーバンです。

>草疲労さん

有名な個体で、雑誌ではコーチか?と紹介されていて、探検隊でもそうなのか?とアレコレ写真を撮って分析してみましたが結論は出せませんでした。
そしてこの記事を出した後に、この個体を紹介しているページを見つけたところ、そちらの方は個体の調査を行われたようで、そこではバンと紹介されていました。

北の方で埋まっていたボンゴ800、ワゴン顔のファミリア800は一度姿を見たとは言え消えてしまいました。
セドリックバンに至っては、まだあった頃に訪れていましたが、見つけるに至らず、無くなってしまいした。
本当に泣けてきます。

昔、某誌面で紹介された時はよく覚えてなかったんですが、このボンゴ800モデルなんですね。

その昔果樹園にいた800やセドリックバン、初代ファミリア、色々な個体が消えて行きました。
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数