FC2ブログ

恒例の塩尻探索プラス2012(33)

これからの「恒例の塩尻探索プラス2012」連載で出てくる1960年代の個体は、
この地域をリードする草ヒリストさまからの情報提供のより探検隊が『取材』に赴いています。
せっかく情報を提供頂いたにもかかわらず、その後の個体たちで覆い隠してしまい、
2年間も大物たちを寝かせてしまい申し訳ありませんでした。
本日から他の連載は完全にオヤスミをして一気に参ります。

フローリアン

いすゞフローリアンの・・・

バン

ライトバンモデルです。

フローリアンバン
フローリアンバン
フローリアンバン

いすゞ自動車
いすゞ・フローリアン1600バンデラックス(PA20V)

長野県松本地域にて
2012年3月撮影

4ドアセダンとライトバンをラインナップしたフローリアンは、
昭和42年の登場から昭和58年のフローリアンアスカ(セダン後継モデル。バンは廃止)登場まで、
大きなフェイスリフト2回をはじめ多くのマイナーチェンジで繋ぎ続けられたご長寿モデルでした。
ライトバンもセダンと同じくフェイスリフトが行われ、
顔つきはゴツく変わっていっても、後ろに続くフォルムが変わらないので、
丸目4灯を経て昭和52年に張り出しの強いグリルの角目4灯顔となると、
リアからサイドの雰囲気とは完全に浮いた感じになっていました。

谷をグングン進んでいった道路から一段高い土地に置かれていたこちらの個体は、
グリルのセンターにいすゞマークが付くマイナーチェンジを受ける前の初期モデルでした。
4輪すっぽりと埋まりバリアフリー仕様のように大地と接した姿から、
長い草ヒロの歩みが想像できるところですが、
テールゲートの少々の災難など気にならないくらい良いコンディションを維持しています。

コメント:管理人

コメント

>あけやん2515さん

バンは15年で42,625台の生産であったといすゞのHPにありました。
そのうち販売で元気だった初期のガソリン車が多数派と思いますが、晩年にテコ入れで投入されたディーゼルモデルが強みを見せて、それらが今日残っています。
異形ライトのバン前期型は、商用車として使い倒されて使命を全うしたのか現役車が居るの?というくらい写真でも見ることがありません。

この車は、亡き父が代車だったか、会社の車で乗って帰ってきたことがあります。

この異型ライトにインパクトがあったのを覚えていますし、テールランプも「切れ目風」で特徴的でしたね。

フローリアンは、晩年のモデルはディーゼルが多かったのですが、亡き父の乗っていたのはガソリンでした。

>105さん

姿を見て笑うしかないくらい、リアクションに困るレベルの高さです。
117クーペのセダン版という期待を背負ってデザインも委託され登場したモデルで、流麗さは117クーペに負けず劣らずかっこいいです。


>草疲労さん

2週間くらいの予定で紹介し切ると思います。


>羽前の国の旧車狂さん

点検整備ステッカーですが、位置的には5月のところが欠けているようです。
なので、5月か11月が車検だとすると、昭和42年11月の発売時に買い求められたものなのかもしれません。
リアガラスの割れた口からは棒がはみ出ていて、長尺物を収容するにはある程度役に建っている様子です。


>井上ロボさん

フローリアンは、いすゞのオーナーズミーティングでも少ないと思われます。
一昨年に長野へ出かけるために都内幹線道路を走っていると、4灯角目セダンとしばし並走する機会があり、現役ながら草ヒロのレア車発見並みに色めき立ってしまいました。

フローリアンのバンとは(笑)
「そういえばあったね」って思わず言いたくなるくらいレアですね♪
いすゞの総合カタログには普通に載っているけど実際見つけたくても見つからない1台ですね。
フローリアン自体台数が少ないような気がします。

 恐らくこの車は35年以上はこの地に居座って居る個体でしょうね。得意の定期点検ステッカーは昭和52年以前のタイプですし、一番下なので6月。車検は6月か12月ですね。

 タイヤは大分使い古したスノータイヤと見ましたので12月辺りが妥当かな?多分何事無く廃車となった個体でしょうね。

 それからリヤガラスですが悪餓鬼に割られたとは思えません。ドアの状態から見て固着して開閉が困難になり、止む無くリヤガラスを叩き割って今の姿にしたと思います。ウェザーストリップが残って居るから先ず間違いなく丁寧にガラスを外したとは云えません。

松本編復活。

頑張れ管理人!

塩尻の主様が見つける草ヒロはレベルが高すぎますね(笑)

フローリアンは最高に格好いい車だと思います
非公開コメント

プロフィール

草ヒロ探検隊

Author:草ヒロ探検隊
  
  鈴木B360(左)
   草ヒロ趣味歴20年以上
   運転担当/草ヒロ鑑定

  管理人(右)
   草ヒロ趣味歴10年以上
   助手席でナビ担当
   写真撮影・ブログ管理人

  本部:神奈川県M半島中部
  探検隊設立:2006年3月
  ブログ開設 :2007年6月1日

月別アーカイブ

ブログ内検索

来訪者数